MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.08.06

278㎡メゾネットも加わった、ワイキキビーチ「ザ・リッツ・カールトン」

「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ」のゲストを癒やすホスピタリティと滞在の居心地は、間違いないクオリティを誇る。甲乙つけ難いホテルの変わらぬ魅力と、最新のニュースを取材した。【特集 涙するハワイ】

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ

同タワーのプールはサービスも極上。プールサイドでカクテルを嗜む時間は格別だ。

暮らすように旅をする、愛するハワイの我が家

地元マーケットで買った食材をキッチンで調理し、やわらかな風に包まれながらラナイで食事をする──そんなハワイでの暮らしをかなえるのが、全室にキッチン、ランドリーが備えられた「ザ・リッツカールトン・レジデンス ワイキキビーチ」。

ダイヤモンドヘッドタワーのエントランス

ダイヤモンドヘッドタワーのエントランスから眺める海と空。

2016年の開業以来、長期滞在するエグゼクティブに親しまれてきた。眼前に広がるのはフォート・デルッシー公園の緑と、その先の真っ青な海。海の前ではないからこそ、絶妙な落ち着きと解放感に満たされる。

24時間オープンのジム

24時間オープンのジム。

先に開業した1棟目の「エヴァタワー」は2023年から半年をかけてインテリアなどの改装に入る予定だ。また2棟目の「ダイヤモンドヘッドタワー」にはメゾネットタイプ、278㎡を誇るもっともラグジュアリーな部屋「グランド・オーシャンビュー・4ベッドルーム」が新たにもうひと部屋加わった。今後の滞在の選択も増え、選択肢の幅も広がる。

ウェイティングルーム

落ち着く香りが漂うスパのウェイティングルーム。

お楽しみは8階に位置するインフィニティプール。18歳以上限定のプール(エヴァタワー)と、年齢制限がない温水のファミリープール(ダイヤモンドヘッドタワー)は使い勝手抜群だ。カバナで寛いだ後は同フロアのスパへ直行したい。ハワイならではの活力を呼び覚ますメニューで、極上の体験をしてほしい。

真っ青な空と海

フロントに上がった瞬間に目に飛びこんでくる真っ青な空と海は、このホテルのアイコン的な存在。

より環境問題に向き合うようになったハワイならではの取り組みもスタートした。宿泊代金の内$10がアラワイ運河浄化プロジェクトに寄付されるというもので、ハワイの自然を守ることに貢献できる喜びがある。

懐かしい我が家の進化を、早く見届けに来てほしい。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ

グランド・オーシャンビュー・4ベッドルーム。($4,500〜)

The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach(ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ)
住所:383 Kalaimoku St, Waikiki Beach
TEL:808-922-8111

【特集 涙するハワイ】

COORDINATE=Mike Kelly

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=熊谷 晃

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる