GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2021.10.17

あなたはどんな宇宙ツアーに参加したい? 宇宙ツアー最新カタログ

実は世界中に数々ある宇宙旅行プラン。実際どれがいいの? と迷うなら、まずはじっくりと見比べて、比較検討。自分に合ったプランを選ぶのがいい。ふらりと京都、バカンスのハワイ、たまには宇宙。それがこれからの旅行の選択肢だ。宇宙の最前線で活躍する仕事人の徹底取材を始め、生活に密着した宇宙への疑問や展望など、最新事情がよくわかる総力特集はゲーテ11月号にて!

宇宙ツアー最新カタログ

エンタメも楽しめる!? 月周回6日間の旅【約80億円~(推定)】

スペースX

©SpaceX

地球の彼方38万kmにある月を周回する大旅行。地球軌道や月、火星へ乗客と貨物を輸送するシステムとして開発された宇宙船「スターシップ」で月の周りをぐるりと周回。テキサス州から発射後まもなくブースターを切り離し、複数の軌道変更を行いながら月へ向かう。全長120mの宇宙船には約100名が搭乗でき、道中乗客を楽しませる船内施設など、エンタメ業界の参入も今後期待される。

クルードラゴン

7人乗りの宇宙船「クルードラゴン」による地球周回旅行も計画中。上空から地球を観賞するこの旅は、飛行経路をカスタマイズできるのも魅力。©SpaceX

出発予定:2023年以降
提供:スペースX
詳細はこちら

飛行時間は11分! 高度100km日帰りプラン【約2,750万~5,500万円(推定)】

ブルーオリジン

©Blue Origin

高度100kmを超え宇宙空間へ到達するサブオービタル飛行。旅行者は出発の2日前にテキサス州西部に集合し、訓練を受ける。自動運転の宇宙船「ニューシェパード」は、発射台から垂直に打ち上げられるブースターと6人乗りのカプセルで構成。添乗員・パイロットは参加しない。発射約3分後にカプセルがブースターから切り離されると、そこは無重力の世界。シートベルトを外して無重力遊泳を。

発射9分後パラシュートが開き降下

発射9分後パラシュートが開き降下し始め、ゆるやかに着陸。到着は出発地同様テキサス州西部の砂漠にある専用発射場。©Blue Origin

カプセルの1/3を占める窓

カプセルの1/3を占める窓は宇宙飛行の歴史上、最大サイズ(107cm×71cm)。今年7月の飛行では、旅行者は広い船内でキャッチボールも楽しんだ。©Blue Origin

出発予定:2021年
提供:ブルーオリジン
詳細はこちら

Wi-Fi完備! 気球で行く成層圏6時間【約1,375万円】

スペース・パースペクティブ

©Space Perspective

気球型宇宙船「ネプチューン」による気軽な宇宙体験。成層圏内なので、重力はあり、訓練も不要。ふらっと乗ってみたっていい。気球を推進力とした与圧カプセルは、リクライニングシート、バー、Wi-Fi、化粧室完備のラグジュアリー仕様。操縦士と乗客8名が搭乗できる。上空30kmから青い地球を見下ろしたり暗闇を眺めたりしながら、宇宙のスリルと静寂さを堪能しよう。この中で宇宙ウエディングパーティなんて日も近い。

ネプチューン

ネプチューンは高高度気球、カプセル、予備降下システムで構成。2023年に1回目の有人飛行、その翌年に一般向けの初飛行が予定されている。©Space Perspective

パノラマウィンドウ

ドリンクを片手に360度のパノラマウィンドウで楽しむ優雅な宇宙滑空。地球の縁をゆっくりと上昇するご来光を拝むこともできる。©Space Perspective

気球に吊られるので飛行も緩やか

ロケット燃料ではなく気球に吊られるので飛行も緩やか。カプセルへの搭乗も簡単。6時間の旅の内訳は、往復4時間と成層圏の飛行に2時間。©Space Perspective

出発予定:2024年後半
提供:スペース・パースペクティブ
詳細はこちら

カスタムメイドの旅! ISS滞在2週間【約45億~200億円(推定)】

スペースアドベンチャーズ

©NASA

ロシアの宇宙船「ソユーズ」で行くISS滞在型旅行。スペースアドベンチャーズ社は、民間宇宙旅行を20年前から8回実施し、しかも「ISSで何がしたいか」カスタムでプランを作成。これまでの搭乗者は科学実験、ウェブキャストなどをISSで行った。船外に出て宇宙遊泳をするオプションも誕生。その場合は200億円ほど必要。現在2023年出発の枠に空きが。

出発予定:2023年
提供:スペースアドベンチャーズ
詳細はこちら

日本観光もしていこう! 日本産宇宙の休日【2,000万円(日程未定・推定)】

スペースウォーカー

東京のベンチャー、スペースウォーカーは、2030年の有人サブオービタル飛行を目指し開発中。日本の宇宙港(現在北海道が有力)から発射予定で、宇宙港近くの観光も楽しめるよう考えている。宇宙船は有翼で自動運転、ヴァージンともブルーオリジンとも違った飛行が楽しめる。クリーン燃料にもこだわり家畜の糞から出るメタンガスを使用。エコな旅に。

出発予定:2030年
提供:スペースウォーカー
詳細はこちら

※値段・日程は各社の情報から推測したもので、変更の可能性があります。また1ドルは110円で換算しています。

TEXT=綾部まこ、安井桃子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる