滝藤賢一の映画独り語り座 Vol.18

映画の影響力は大きいものですね。前回で紹介した『葛城事件』を見て、子育ての方針に迷走していた滝藤ですが、ひと筋の光が差し込んできました。『ペレ 伝説の誕生』。これです! 僕が理想とする父親像は。サッカーの神様と言われるペレことエドソン・アランチス・ドゥ・ナシメント氏の半生を描いた作品。1950年、ブラジルの環境は厳しく、映画『シティ・オブ・ゴッド』そのもの。悪に手を染めるか、苦しくてもまっとうに生きていくかは紙一重。それをユーモアたっぷりに描いているんだから憎いです。

今月の1本 『ペレ 伝説の誕生』

父親の在り方と理想の教育をここに見出したり!

ボールがなければ、靴下や端切れを丸めて作る。ユニフォームもシーツをつなぎ合わせた手作り、普段から裸足なのでスパイクももちろんない。グラウンドに行かなくても、密集するバラック小屋の屋根にボールを蹴り上げ、地面に落ちないよう、リフティングとパスでつなげるゲームにする。子供は遊びの天才ですからね。環境が整っていないから"できない"は言い訳にならないんだなぁ......。

ペレの父親は元サッカー選手ですが、病院で患者の排泄物処理をする仕事に従じ、ペレも手伝いを余儀なくされます。空き時間には庭先に実っているマンゴーをボールに見立て、傷まないように優しくリフティングする技術を教えていく。そんな父親の姿が素敵なんです。心に傷を負ったペレに対し、決して無理強いはせず、黙って見せて導く。すべては本人がやる気にならないと何も動かない。忍耐強く待ち、子供を信じる。絶妙な距離感でなんとも心地いい。自分の子供がペレのようになったら......想像するだけで心が震える方も多いはず!

(C)2015 Dico Filme LLC

『ペレ 伝説の誕生』
2016年/アメリカ
監督:ジェフ・ジンバリスト、マイケル・ジンバリスト
出演:ケヴィン・デ・パウラ、ディエゴ・ボネータ、コルム・ミーニィほか
配給:アスミック・エース
7月8日よりTOHOシネマズ シネシャンテほか全国公開

Kenichi Takitoh
俳優。1976年愛知県生まれ。7月1日公開『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』では吹き替えで出演。7月放送開始のドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』に出演決定。

Composition=金原由佳

*本記事の内容は16年6月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なります予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)

2016.7.3