MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

AND MORE

2024.01.21

780万円の書き心地とは!? モンブランの限定万年筆

ただ高ければいいというワケではない。最上級と呼ばれるものには、それ相応の理由がある。ゲーテが選んだベスト・オブ・ベスト 最上級コレクション。今回はモンブランの万年筆。【特集 最上級主義2024】

モンブランの万年筆
左右の2本はオリエント急行の旅にオマージュを捧げたリミテッドエディション。中央はモンブラン峰初登頂にインスパイアされたリミテッドエディション。右は金属製の荷物棚を、左は蒸気機関車の機構を、中央はモンブラン峰の氷河をモチーフにしたデザイン。右から¥4,049,100、¥4,049,100、¥7,803,400(モンブラン)

書く道具に比例する、手書きの言葉の価値

パソコンやスマホを介した言葉のやりとりが日常となり、自分の手を使って文字を書き記すという行為から、日を追うごとに遠ざかっていく現代人。その結果得られるスピード感や利便性が有益なことに疑いの余地はないが、手書きの機会が減れば減るほど、その行為自体が意味を増し、価値を深めていく。

そこまで書く行為が純化された時に、人は何を使って文字を書くのだろうか。どこにでもある、使い捨てのボールペンを選ぶのはもったいない気がする。どんなペンを持つのかによっても、言葉の重みや深みは変わってくるのではないだろうか。

モンブランの万年筆を愛用している読者であれば、こんなロマンティシズムにも少なからず共感してもらえるはずだ。紙の上にペン先を走らせるだけで、心が躍るあの感覚を。

モンブランのリミテッドエディションという最上級の万年筆を手に入れたら、新年の書きぞめよろしく、来る年にかける意気ごみを書き記してみるのも一興だ。

問い合わせ
モンブランお客様サポート TEL:0800-333-0102

【特集 最上級主義2024】

この記事はGOETHE 2024年2月号「総力特集:最上級主義 2024」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら ▶︎▶︎特集のみ購入(¥499)はこちら

TEXT=佐野慎悟

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる