MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE PR

2023.08.26

アーティストVERBALが魅せられた、那須高原に溶けこむ浮遊の家「NOT A HOTEL NASU」とは

夏の日、NOT A HOTEL NASUを訪れたのはアーティストであり、経営者でもあるVERBAL氏。その滞在で感じた、新しい暮らし方とは。
【NOT A HOTEL】

NOT A HOTEL NASUのテラスで寛ぐVERBAL氏
VERBAL
m-flo、ラップグループ TERIYAKI BOYZ®のメンバーとして活動。2008年パートナーでありデザイナーのYOONとファッションブランドAMBUSH®を設立。NFTやメタバースなどを活用した独自のクリエイティヴで話題を集めている。

名作をつくるのにふさわしい、とっておきの場所

「なんだか、スイスを思いだす場所ですね」

小高い丘の上、草原の上を浮遊しているようなその部屋。NOT A HOTEL NASUに訪れたVERBAL氏は、開け放たれた窓から入ってくる高原の空気を吸いこみながら、そう呟いた。

「スイスの山をひとつ上がって下りた先、麓のル・ブラッシュという村を訪れたことがあるんです。そこは名門時計オーデマ ピゲの本社がある場所。あたり一面草原と林の風景、その中にポツンと工房があり、職人たちはひたすらそこで、名作をつくり続けている。それを見てすごく感動したんですよ。いろいろなものから離れ、集中してものをつくる。いいものは、そういうとっておきの場所から生まれるのだと」

NOT A HOTEL NASU「MASTERPIECE」のテラス
NOT A HOTEL NASU「MASTERPIECE」。214.88㎡にも及ぶ広大なテラスには、丘から迫りだした位置にプールが。写真左側は、サウナや水風呂、外気浴スペースなど。
NOT A HOTEL NASUのサウナ
巨大な窓の向こうに朝日が昇るサウナ。横には露天風呂、水風呂、外気浴スペースも完備されている。

NOT A HOTEL NASUの窓からは、見渡す限り高原の景色が広がり、遠くに小さく厩舎が見えるだけ。まさにVERBAL氏がスイスで見た風景に近いのだろう。VERBAL氏自身も、音楽をつくる際は東京から離れた場所で集中して作業をするという。

「都会にいると、すぐ外に出てしまい、忙しないんです。けれどメンバーとどこか遠く、何もない場所へ行き、ひとつの場所で集中して音楽をつくる。それが僕らにとってとても効率的ですし、いいものができる。そういう点でも、ここはすごくクリエイションにふさわしい場所ですよね」

NOT A HOTEL NASUのリビングスペース
階段の下に広がるリビングスペース。中央の筒状に見えるものは、巨大な暖炉。火を囲む集いの場になる。
NOT A HOTEL NASUのリビングで寛ぐVERBAL氏
リビングで寛ぐVERBAL氏。腰をかけているのはピエール・ジャンヌレのチェア。奥のソファは特注品。

お気に入りは、高原を見渡す窓辺のデスク

なかでもVERBAL氏が気に入ったというのが、高原を見渡す窓辺にデスクが置かれた書斎だ。デスクと窓以外には何もないから、ただただ目の前の仕事に集中できるし、窓から見える高原の風景と優しく降り注ぐ太陽の光が、フル回転する頭をリラックスさせてくれる。

ファッションブランドAMBUSH®の経営も手がけるVERBAL氏だからこそ、たったひとりで書斎にこもって考える時間は大切だ。

「東京のオフィスでは、僕のデスクは社員の方を向いているんです。みんなが僕に声をかけやすいようにそうしているんですが、たまにはこうして、すべてに背を向けて考えに集中するのもいいなと。クリエイションと経営では使っている脳が違う感覚が僕にはあるのですが、この書斎はどちらにもいい作用を与えてくれる場所になりそうです」

NOT A HOTEL NASUの書斎
VERBAL氏が気に入ったという書斎。スリット状の窓から美しく光が注ぎ、集中してものづくりをするのに最適。

ホテルでもない、別荘でもない、新しい暮らしの形

NOT A HOTELはその名のとおり、ホテルではない。だからといって別荘でもない。複数人で物件を所有するスタイルで、年間10日単位から購入が可能だ。

VERBAL氏が訪れた邸宅の場合、毎年30日間訪れることのできる権利を約6900万円で購入することができる(現在完売)。訪れた日が、年30日に満たなかった場合は、ホテルとしてその日数が自動的に売りだされ、収益を得られるという仕組みだ。

加えてNOT A HOTELはスマホひとつであらゆる手続きが簡単にできる。予約はもちろん、貸しだした際の収益の管理、物件の鍵もデジタルキーとして配布される。そしてそもそも物件の購入そのものも、WEB上で行う。今後建設される物件のリアルなパースを見て、気に入れば購入、完成の日を待つというシステムだ。

NOT A HOTELのアプリ
予約などすべてアプリ上で完結。AIコンシェルジュサービスもあり、気になることはすぐに聞ける。

「僕が以前からNOT A HOTELに注目していたのは、その新しい仕組みそのもの。新しいテクノロジーを使って、ホテルでもない、別荘でもない、これまでなかったものをつくり上げていくという姿勢です。0から1をつくり上げることはとても難しいということを、僕自身よく知っていますから」

クリエイションの最前線に立ち続けてきた男が魅せられている、ホテルでも別荘でもない新しいライフスタイル。それがNOT A HOTELな暮らしなのだ。

NOT A HOTEL NASUの予約制ディナー
ディナーは予約制で、フレンチのシェフが出張してキッチンでできたてをサーブしてくれる。テーブルの上には那須野ヶ原牛のロースト(左)、地元で採れた野菜のサラダ(右)が。すべて那須の素材で9品のコースが振る舞われる。また、キッチンには大きな鉄板もあるため、連泊するゲストは鉄板焼きを楽しむこともできる。

栃木・那須|NOT A HOTEL NASU
Design by SUPPOSE DESIGN OFFICE
谷尻誠+吉田愛
「MASTERPIECE」「THINK」というふたつの物件が2022年に開業(写真はすべて「MASTERPIECE」)。今後3つ目となる3LDK、総面積481.76㎡の「CAVE」が完成予定。JR東京駅からJR東北新幹線・那須塩原駅まで68分。駅からクルマで22分。

問い合わせ
NOT A HOTEL 公式HP

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=筒井義昭

HAIR&MAKE-UP=高草木剛

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる