MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.02

1台3役のダイソン空気清浄機。新たに加わった驚くべき機能を解説!

ダイソンらしい洗練されたデザインで人気を博している空気清浄機「Dyson Purifier Hot+Coolシリーズ」に新製品が登場した。今回、新たに加わった機能とは一体?

有害化学物質ホルムアルデヒドを正確に検知&分解

冬はヒーター、夏は扇風機、通年で空気清浄機と1台3役をこなす機能性と、インテリアにマッチするスタイリッシュなデザインで、数多ある空気清浄機のなかでも高い支持を得ているのがダイソン「Dyson Purifier Hot+Coolシリーズ」。この人気製品に、驚きの新機能が加わった。

厚生労働省により有害な化学物質として基準値が設けられているものの、0.1ミクロンの500分の1サイズの粒子であることから、捕集が難しいと言われるホルムアルデヒド。2022年10月に発売となった「Dyson Purifier Hot+Cool™ Formaldehyde 空気清浄ファンヒーター」は、このホルムアルデヒドを正確に検知、分解する機能を搭載。ウイルス、ハウスダスト、花粉に加え、PM0.1 レベルの微細な粒子を99.95%閉じ込め、有害なガスやニオイを除去する従来の性能から、より一層、安全かつ清潔な空気をつくり出すことが可能になった。

では、どうやってホルムアルデヒドを正確に検知、分解するのか?

「Dyson Purifier Hot+Cool™ Formaldehyde 空気清浄ファンヒーター」には、固体ホルムアルデヒドセンサーが搭載され、独自のアルゴリズムでホルムアルデヒドを正確に検知。そして、ダイソン独自の酸化分解触媒フィルターで、ホルムアルデヒドを捕らえ、分解する。このフィルターは、クリプトメレーン鉱と同じ構造をした数十億もの原子サイズのトンネルで構成されていて、ホルムアルデヒド分子を捕らえるのに最適な形状をしているという。そして、その内部で、触媒反応によってホルムアルデヒド分子が連続して分解され、ごく少量の水とCO2だけを空気中に放出する仕組みだ。

さらに優れているのが、フィルターの触媒が、空気中の酸素が活性酸素分子に置き換わることで自己再生すること。そのため、フィルターは交換不要で、半永久的にホルムアルデヒドを分解することができるという。

ホワイト/ゴールドの配色で、デザイン面でもより高級感が増した「Dyson Purifier Hot+Cool™ Formaldehyde 空気清浄ファンヒーター」。家族がより安全・快適に過ごせる環境づくりの一翼を担ってくれるに違いない。

問い合わせ
ダイソン https://www.dyson.co.jp/

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる