GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.04.27

経営者を冒険へと誘う! ストイックなデザインが世界で人気のE-バイク

ビジネスの最前線で闘うリーダーやスペシャルな人の傍らには、仕事に活力を与え、心身を癒やす、大切な愛用品の存在がある。それらは、単なる嗜好品にとどまらず、新たなアイデアの源となり、自らを次のステージへと引き上げてくれる、最強の相棒=Buddyでもあるのだ。今回紹介するのは、ピュア・フィッシング・ジャパン 代表取締役吉川ショウ氏の相棒E-バイク。特集「最強の相棒」

MATE X

「もっと自由に、さっそうと、誰も知らない道を」がコンセプト。街乗りにもオフロードにも向く。

ギア選びの手本となる生き方を実践する

アブ・ガルシア、バークレイ、ペンをはじめ、人気フィッシングブランドの製品企画や製造、輸入販売を手がけるピュア・フィッシング・ジャパン。代表の吉川ショウ氏は言う。

「日本ではいまだに釣りに対して、汚い、臭い、過酷という3Kのイメージが強い。スタイリッシュなギアを届けることで、そのイメージを払拭していきたいと思っています。そのためには、僕自身がギア選びの手本になるような生き方を実践したいなと。持ち物に対するこだわりは、人一倍強いですね」

そんな吉川氏が今年1月に入手した相棒が、MATE X。コペンハーゲン生まれのE-バイクで、無駄なスペックを削ぎ落としたストイックなデザインが世界中で支持を集めている。

「もともと、ハーレーやBMWのバイクに乗っていましたが、歩行者が多い都内では扱いづらい面もあった。でも、MATE Xなら小回りが利き、路地に入ってバイクでは見えなかった景色を楽しむこともできます。排気ガスで地球環境に負担をかけることもありません。フロントにカゴ、バックに荷台をつけて僕流にカスタマイズ。通勤や仕事中の短距離の移動は、すべてMATE Xで済ませています」

MATE X

内蔵バッテリーもスタイリッシュなデザイン。「5時間のフル充電で約40km走行」と吉川氏。

MATE X

長さ103cm、幅59cmに。クルマに積むことが可能だ。

休日には都内から鎌倉の七里ガ浜海岸まで遠乗りしたことも。海風を受けて走る爽快感に、日頃の疲れが吹き飛んだという。

「自転車とはいえ、バイク並みのスピードが出るので、走行中は走ることだけに集中する。だから仕事のことを考えている余裕はないんです。MATE Xを手に入れてから、オン・オフの切り替えが上手くいくようになったと感じますね」

コロナ禍が終息した日には、ロサンゼルスの海岸をMATEXで走行したいと話す吉川氏。E-バイクは心を若返らせ、新たな冒険へと誘ってくれる。

ピュア・フィッシング・ジャパン 代表取締役
吉川ショウ

1969年東京都生まれ。ウォルトディズニージャパン、ナイキジャパン、アディダス、WPPグループカンパニー日本法人代表取締役CEO、GoPro日本・韓国代表マネージングディレクターなどを経て現職。ダイビング・クルマを愛するアクティブ派。

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

PICK UP

STORY

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

7月号 Now on sale

完全保存版! ゲーテイスト2022。ゲーテ7月号は最強のレストラン特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]7月号が5月25日に発売となる。毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催! 食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹の美食4兄弟がとっておきのスペシャルな店を紹介する。そのほか、最新リゾートホテルGUIDEやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる