MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.03.19

【NEWS 小山慶一郎】マニア垂涎のプレミアム品が揃う! 私物キャンプギアを初公開

NEWS小山慶一郎プライベートキャンプ密着ルポを皮切りに、大人にふさわしい“最上級のキャンプスタイル”に迫る。

小山慶一郎が愛用するこだわりのキャンプギア

三脚にセットして使う「Bonfire go outside」のTPテーブル。「高さ調節が簡単にでき、調理が楽ちん。大きいけど収納時はコンパクトになるんです」。

自ら名古屋まで足を運んで入手した「OLDMOUNTAIN」のkakemono.冬。「この柄が大好きで、冬用、夏用の2色ずつを大人買いしました」。

サイドテーブルは「asimocrafts」のdeckをベースに、発売されたばかりの脚と棚板を装着。「家具はウォルナットで統一」。

ガレージブランドにハマるきっかけにもなった「UNIFLAME」のスティックターボⅡは2本所有。「左はフルカスタム、右はグリップのみカスタム。革紐でアレンジもしています」。

手に入れるのに3ヵ月かかったウォルナットの六角テーブル「TheArth」のクル次郎(艶なし)。「自分でレイアウトして、職人さんと一緒に自分でも刷ったGRINDLODGEのプリントがお気に入り」。

オピネルの定番ナイフのグリップ部分を「asimocrafts」のasigripに換装。「ウォルナットカラーの塗料で4度塗りして、このこだわりの色みを出しました」。

「これは揃えるのが大変だった」という、カスタムランタンの数々。左の3つはLEDランタンに「38explore」のZERO PODのスタンドをセット。それぞれに激レアのシェードを被せた。右はコールマンのルミエールランタンに「SomAbito」のBond COVERを装着。

炊飯用に使っている「OLDMOUNTAIN」のOKAMADON。「シェラカップで米が炊けるので便利。おこげも作れますし、家でも使ってます」。

「間口が広いため、アイスペールとして便利」というのが「YETI」のランブラー(1ガロン)。持ち手部分とカバーをガレージブランドでカスタム。

お洒落キャンプチェアの代名詞「Kermit Chair」もウォルナットを選択。「シートカバー、肘掛け、サイドテーブルなど、ガレージブランドでフルカスタムしています」。

キャンプでも使える真空管オーディオ「OLDMOUNTAIN」のshinku-kan 12V。「最高の音質。新作のウーハーもいち早く手に入れました」。

トングや火吹き棒、薪バサミなど、焚き火周りで使うギアは「SomAbito」のパラレールハンガーで整理整頓。「バーナーのガス缶部分に装着した騎士のカバーがお気に入り」。

「SomAbito×TRUNKZERO」の焚き火サイドスタンド。「定番モデルのカラー別注。色合いがツボです」。

最近買い替えたという焚き火台は「サンゾー工務店」のRODAN。「収納時はA4サイズのケースに収まる優れもの。積載が楽になりました」。

※NEWS小山慶一郎のプライベートキャンプ密着ルポはこちら

Keiichiro Koyama
1984年神奈川県生まれ。2003年、NEWSを結成。現在は『NEWSの全力!!メイキング』(TBS系)、『内村のツボる動画』(テレビ東京系)などにレギュラー出演中。

TEXT=まついただゆき

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる