GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.02.07

ストレスが溜まっている人へ「心がやさしくなる1冊」

自粛に続く自粛。「人にやさしく」したいと思いながらも、この状況下では狭量になったり、憂鬱な気分になったり。編集部イチの若手で、何年も揉まれながら着実に成長を続けている編集者が、どんな状況下でもやさしい気持ちになれてしまう3冊をご紹介します。

book

幼い頃の純粋な心が蘇る

まずは心理学者・河合隼雄さんの自伝的小説『泣き虫ハァちゃん』。主人公・ハァちゃんは童謡「どんぐりころころ」の歌詞を読んで、どんぐりの行方を心配して、涙してしまうほど感受性が豊かな男の子。そんなハァちゃんの幼少期から小学生までのエピソードが、岡田知子さんのあたたかなイラストとともに綴られています。ハァちゃんの人を思いやるやさしさに、自然と心が洗われます。

泣き虫ハァちゃん

『泣き虫ハァちゃん』河合隼雄 649円(新潮文庫)

思いやりの心は伝播する

2冊目は、さだまさしさんの小説『風に立つライオン』。実はこの小説、さださんが1987年に発表した楽曲「風に立つライオン」に惚れこんだ俳優の大沢たかおさんが小説化・映画化を熱望して誕生したもの。なので、ぜひ映画とあわせて読んでいただきたい1冊です。映画では、長崎の大学病院からケニアの研究施設・熱帯医学研究所に派遣された日本人医師・航一郎と内戦によって傷を負った少年兵・ンドゥングとの交流がメインに描かれています。小説ではそれに加え、その少年兵が医師となり、東日本大震災発生直後の石巻に訪れる、という続きが。そこでンドゥングは震災のショックにより失語症となった少年と出会い、徐々に関係を築くなかでその少年は心を開いていきます。このエピソードを通して、航一郎の思いがンドゥングの心にしっかりと受け継がれ、それが次の人へと渡っていっているのだなと思い、心があたたかくなりました。私自身、何を次の世代に伝えていけるのか、考えさせられます。

風に立つライオン

『風に立つライオン』さだまさし 715円(幻冬舎文庫)

悩み苦しむ人にいかに寄り添うか

最後は現役の医師でもある南杏子さんの小説『いのちの停車場』。長年、東京の救命救急センターで働いていた62歳の医師・咲和子が実家の金沢に戻り、訪問診療医として働くところから物語は展開します。その訪問先の患者たちは東京の救命救急センターで向き合ってきた患者とは異なり、怪我や病気を治して命を救うというよりは、その命を見送るものばかり。そんな勝手の違う状況に、戸惑う咲和子ですが、患者との出会いや別れを通してさまざまなことを学んでいきます。医者というのはただ病気や怪我を治すだけではない。患者ひとりひとりにいろいろな事情や思いがある。それを汲み取って、患者と寄り添う咲和子の姿に、医者という職業のイメージが一変しました。辛く苦しい状況だからこそ、人を思いやる気持ちはいつも忘れずにいようと思わされた1冊です。

TEXT=小林真利子(ゲーテ編集部)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる