MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2022.01.23

CBDは正しく用い、正しく警戒を

エグゼクティブの間で不眠や不調に効くと話題になっているCBD(カンナビジオール)。注目度が高まる一方で、効果や安全性への疑問や不安の声も聞かれるようになった。そこで聖マリアンナ医科大学の井上 肇教授に話を聞いた。

CBD

CBDは夢のような成分ではない

最近よく耳にするようになったCBDだが、銘打つ商品すべてが安全とは言い切れない。

「日本で企画・製造された製品ならまず問題はないでしょうが、並行輸入品には注意が必要です」と警鐘を鳴らすのは聖マリアンナ医科大学の井上肇教授。

いわゆる大麻由来の成分には、大きく分けてCBD(カンナビジオール)と、精神に作用して陶酔・幻覚をもたらすTHC(テトラヒドロカンナビノール)とがあるが、日本においてTHCは量を問わず所持するだけで違法。

そもそも日本国内ではCBDの抽出自体もほぼ困難なため、原料は日本国内法に厳格に従った物を輸入することが前提になる。合法・違法は国によって異なるため、CBDの調製方法も各国で異なり、そのためTHCの混入やTHCへの変換の危険性が生じる。

一部の疾患には優れた有効性が認められ、WHOも一定の安全性を評価したからこそ、CBDはにわかに盛り上がりを見せているのだが、こと日本では臨床研究例規模の問題で医学・薬学的に確実な知見も得られていないという。

「医薬品は正しく用いることが前提。CBDについては情報を精査し、理解して、正しく評価することが重要です」

聖マリアンナ医科大学 特任教授・井上 肇
1956年東京都生まれ。薬学博士、医学博士。星薬科大学・大学院修了。聖マリアンナ医科大学形成外科・再生医療学(アンファ寄附)講座にて細胞や薬剤を用いた再生医療を専門分野とする。

TEXT=三井三奈子

PHOTOGRAPH=Getty Images

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる