GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

HEALTH

2021.03.19

世界一周に成功! 海洋冒険家・白石康次郎の偉業を支えたアイテム

白石康次郎のヘリーハンセンのセーリングウェア

白石氏とヘリーハンセンとで共同製作した、完全オーダーメイドのセーリングウェア。これは3種類用意したトップスの1着、オーシャンジャケット。

「極限状態の洋上で命を守ってくれる相棒」

世界一過酷なヨットレースと呼ばれる「ヴァンデ・グローブ」。全長60フィートの外洋艇にたったひとりで乗りこみ、どこの港にも寄らず、一度の補給もせずに世界一周を目指して駆け回るーー。2万6000マイル(約4万8152キロ)以上にも及ぶ航程をおよそ90日かけて帆走し、出場者の約半数が途中でリタイア。時には命を落とす者さえ出るという。

「海の上では誰の力も借りられない。トラブルや困難に遭遇しても、自分ひとりの力で対応していかなくてはいけません。そんな状況で最も頼りにしているアイテムが、このセーリングウェアです」

全身を3Dスキャンで測定

全身を3Dスキャンで測定。すべてのパーツが身体にぴったりと合うように作られている。

そう話すのは、海洋冒険家の白石康次郎氏。実は取材当日、白石氏はヴァンデ・グローブ参戦の真っただなか。コースの終盤、南米大陸最南端のケープホーンまであと600キロの海上から、衛星通信でインタビューに応じてくれた。

「ヴァンデ・グローブ出場は今回で2度目。アジア人として初めて出場した前回のレースでは、南アフリカ沖でリタイアしてしまいました。なので、今回は完走することを最大の目標に掲げて、世界的なウェアブランドであるヘリーハンセンと一緒に2年がかりでこのウェアを仕上げていったんです」

徹底的な準備が勝利を引き寄せる

前回大会はジャケットとパンツが一体となったウェアで挑んだが、動きにくいという難点があった。なので今回は動きやすさを重視し、ツーピース仕様に変更。白石氏の身体を3Dスキャンで隅々まで計測して約200ものパーツを作り、そのすべてを手縫いで組み合わせていったという。

「生地は4層構造になっていてとても頑丈なのに、身体へのフィット感が抜群で動きやすい。膝の部分にはクッションパッドも入っているので、狭い船上で長時間膝をついて作業しても痛くなりません。本当に着ていて快適なんです」

9回目を迎えたヴァンデ・グローブ

9回目を迎えたヴァンデ・グローブ。2020年11月8日にフランスのレ・サーブル・ドロンヌをスタート。世界を一周し、同地へと帰ってくる。©Yoichi Yabe

ヴァンデ・グローブは天候や自然との闘いでもある。赤道直下で40℃を超える炎天下に晒(さら)されることもあれば、南極付近で嵐に遭遇し海水を全身に被ることもある。そんな身も心も凍りつく寒さも、このウェアを着ていれば乗り切れるという。まさに、白石氏の命を守る相棒といえる存在だ。

また、レザーマンのマルチツールはペンチやナイフ、ノコギリ、ドライバーなどが1本に収まった、セーラーにとってはマストアイテム。白石氏が愛用しているのは一部のパーツをカスタマイズした特注品だ。

靖国神社で居合の奉納演武を行う白石氏

靖国神社で居合の奉納演武を行う白石氏。「チームのメンバー、自然、そして神様に感謝しつつ、レースに臨んでいます」。

「スーツのポケットに常備しているのに加え、船の中にも計3本を持ちこんでいます。船が横転した時にも使えるように、床下にも置いてあるんですよ」

昨年の11月、出航直後にメインセールを破損するという思わぬトラブルに見舞われるものの、自ら船上で1週間かけて修理し、無事にレースに復帰することができた。ゴール予想は2月の中旬。完走という目標へ、着実に前進している。

レザーマンのマルチツール

レザーマンのマルチツール。携帯用のほか、コクピット室内、室外、床下と、合計4本を搭載している。「何十年も愛用している、ヘビーユーザーです」。

「このインタビューの掲載号が出る頃には、ゴールをしているはず。果たして、結果はどうなっているでしょうね(笑)。今回は前の反省も踏まえて、事前に綿密なシミュレーションを行ってきました。目標の達成に向けて、やれる限り徹底的に準備すること。それが勝利を引き寄せる大事なポイントだと思います。あとは、自分が定めたゴールを決して見失わないこと。そのゴールを達成するために最善だと思う判断をその都度、下していく。それさえできれば、今回のレースは最高の結果が出せると信じています」

 

Kojiro Shiraishi

Kojiro Shiraishi
海洋冒険家。1967年東京都生まれ。’94年、26歳でヨットによる単独無寄港無補給世界一周の史上最年少記録を樹立。2018年にDMG森精機が立ち上げた外洋ヨットチーム「DMG MORI SAILING TEAM」のスキッパーに就任。

SHIRAISHI’S TURNING POINT

18歳 故・多田雄幸氏に弟子入り。セーラーとしての第一歩を踏みだす。
26歳 3度目の挑戦で単独無寄港での世界一周最年少記録を樹立(当時)。
49歳 ヴァンデ・グローブにアジア人として初出場も、無念のリタイヤ。
53歳 2度目となるヴァンデ・グローブに挑戦。

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=三吉史高

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

表紙5月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

3月25日(木)発売『ゲーテ5月号』の表紙は武井壮。総力特集では、タフをテーマに服・モノ・クルマを大特集。ほか、スポーツビジネス最前線や長嶋一茂の新連載エッセイもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる