MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.12.10

方向性改善、飛距離UPにも繋がる! ローリー・マキロイのようなかっこいいフィニッシュの作り方

今回はフィニッシュについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

【かっこいいフィニッシュといえばマキロイ】

2021-22年シーズンのPGAツアーとDPワールドツアーの米・欧ツアーダブル年間王者となったローリー・マキロイ。2022-23年シーズンに入って自身初戦となったザ・CJカップ(コンガリ―GC)で連覇を果たし、2年3ヵ月ぶりに世界ランク1位に返り咲いた。来年はマキロイにとって悲願であるマスターズ制覇を実現し、キャリアグランドスラムを達成できるか注目だ。

そのマキロイは、流れるようなスイングだけではなく、美しいフィニッシュも印象的だ。マキロイのフィニッシュは背中が大きく回転し、右肩がターゲット方向に向いた状態でピタリと静止する。アマチュアがコースでこのようなフィニッシュを決めれば注目を浴びることは間違いないだろう。

フィニッシュをピタリと止めるためには、スイング動作が機能的でなければ行うことは難しい。かっこいいフィニッシュは決して見た目だけの話ではなく、スイングの完成度のバロメーターにもなるのだ。

【下半身を適切に使ってフィニッシュ】

誰もがマキロイのようにかっこいいフィニッシュを決めたいと考えていると思うが、アマチュアゴルファーの中には、フィニッシュを意識したことがないという人も少なくないのではないだろうか。ボールを打つことに集中しすぎると、インパクト後に意識が向かなくなり、フィニッシュがイメージできなくなる。ボールにクラブを当てて終わりのスイングになると、フィニッシュでフラついたり。右足に体重が残りすぎる「明治の大砲」のような見た目の良くないフィニッシュになりがちだ。

そのような状態にならないためにも、まずはフィニッシュをとることを意識することが大切だ。スイングをフィニッシュまでイメージし、インパクトは通過点として過剰に意識しないようにすることで、飛距離が伸びたり、方向性を改善することが可能になる。

フィニッシュをかっこよく見せるために重要なポイントは下半身の使い方だ。アマチュアゴルファーがフィニッシュを意識する場合、上半身を回転させたり、手や腕で背中まで振りきることを考えがちだが、下半身が動けば自然に体は回転し、クラブも適切な位置に収まりやすくなる。

フィニッシュに自信がない人は、フィニッシュを作るためのドリルを行ってみてほしい。このドリルのポイントは下半身から順にフィニッシュを作っていくということだ。

まず、シャフトを腰に当ててアドレスし、左股関節中心に目標方向に腰を回転させる。おへそが目標に正対するまで回転し、左膝は伸びた状態になる。下半身の体重配分は90%以上が左足にかかり、右足はつま先立のような状態になる。できれば99%の体重を左足にかけ、右足は軽く地面に触れている程度にしてほしい。

その状態から上半身を回転させてフィニッシュの形を作る。フィニッシュのフォームが確認できたら、ゆっくり素振りを行ってフィニッシュの位置で3秒ほど静止する練習を繰り返してみてほしい。素振りでフィニッシュのポジションに慣れてきたら、練習場でボールを打ちながら行うといいだろう。練習場ではボールを打つことに意識が向きがちだが、フィニッシュのポジションをイメージして振り切ることを意識して練習をしてほしい。

上半身に関しては、できるだけ右腕を曲げず、グリップの位置を高くしたほうが見た目がよくなる。シャフトを肩に担ぐような手の位置が低いフィニッシュのほうが体に負担がかからないが、腕を曲げると体の回転が止まりやすくなり躍動感に欠けがちだ。最初は上半身がきついかもしれないが、できるだけ高い位置に手元が上がるように練習をしてみてほしい。

フィニッシュのシャフトの角度やヘッドの位置が気になる人がいるかもしれないが、それはスイング軌道によって変わるので気にしなくていい。ドローヒッターの場合はインサイドアウト軌道のスイングになるためシャフトは縦に収まりやすく、フェードヒッターの場合は、体の回転とともにフェースローテーションを抑えてインサイドに振り抜くため、シャフトは横を向きやすい。逆に言えば、フィニッシュのシャフトの角度で、スイング軌道をある程度確認することができる。

フィニッシュをかっこよく決めようと思っても、下半身がしっかり使えなければ、バランスよく立つことはできない。上半身だけで無理に形を作ろうとしても、バランスを崩してふらついてしまうだろう。フィニッシュが良くなれば、スイングを一連の動作としてイメージできるようになるのでスイング全体の流れがよくなる。ぜひ、周囲から一目置かれるようなかっこいいフィニッシュを目指してほしい。

【動画レッスン】

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる