MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.09.17

パー5、ピンまで約50Yの3打目。ピッチショットでダフって池ポチャしないコツ

今回は、ピッチショットについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

フォロースルーを意識して、ピッチショットの上達を目指す。

【意外と難しいピッチショット】

パー5でティーショット、セカンドショットと会心の当たりが続き、ピンまで約50ヤードの状況。ナイスショットが打てればバーディーチャンスという状況で、あなたは自信を持ってピッチショットを打てるだろうか。

アマチュアゴルファーはグリーンに近づいたほうが有利だと考えがちだが、ピッチショットは距離が短いが簡単なショットではない。

2016年のマスターズ最終日、優勝争いをしていたジョーダン・スピースが12番パー3で、ティーショットの打ち直しとなる3打目のピッチショットをダフってクリークに入れ、そのホールを「7」として優勝を逃したことがある。

ピッチショットでダフって池ポチャという信じられないようなミスに思えるが、ツアープロでも無意識に微妙なインパクトの強弱が入ってしまうため、プレッシャーの下で自信を持って100ヤード以内のピッチショットを打つことは難しい。そのため、プロゴルファーは2オンできないパー5やハザードが絡むホールでは、無理にグリーン近くまで打たず、戦略的にフルショットできる距離を残すことがある。

ピッチショットの難しさは、距離に合わせてスイングの大きさを自分で調整しなければならないことだ。加えて、インパクトの強さで距離を合わせる動作が入りやすく、インパクトの強弱がバラつきやすい。その結果、距離のバラつきはもちろん、ヘッドが急加速したり減速することでダフりやトップのミスも出る。それに比べたら、毎回同じ振り幅でインパクトの強弱の差が出にくいフルショットをしたほうが、遥かに距離を合わせやすいんのだ。

【左に体重をかけ、左足を軸に回転】

ピッチショットはフルショットのようにボールを飛ばすわけではなく、アプローチショットのように寄せるだけでもない。フルショットとアプローチショットの間に存在するショットだと思ってほしい。

ピッチショットの打ち方を構え方から順に説明していきたいと思う。まず、クラブはサンドウェッジなどウェッジ系のロフトのあるクラブを選択する。アドレスは体が回転しやすいように左のつま先をやや開き、左足に体重をかける。ボールを遠くに飛ばす必要がないので、右足へ体重移動はせず、アプローチショットのように最初から左足に体重をかけて左軸で回転する。

ボールは真ん中からやや左よりに置くといい。ボールを右足周辺に置くと、リーディングエッジが地面に刺さるミスが出やすく、ダフリやトップの原因となる。手の位置は左太ももの内側あたりにくるようにして、若干ハンドファーストにセットアップをする。

次にスイングに関してだが、フォロースルーを意識するように気を付けてほしい。距離を打ち分ける際に、距離ごとにスイング幅を決める必要があるが、アマチュアゴルファーはバックスイングの大きさやインパクトの強さに意識が向かいがちだ。その結果、クラブヘッドをボールに当てて終わりというスイングになりやすく、フォロースルーがなくなってしまう。インパクトの強弱で距離を打ち分ける方法では、その時々の力加減によってクラブヘッドが強く当たったり、減速して緩んでしまうことがあるため、距離のバラつきはもちろん、ミスショットの原因にもなりやすい。

フォロースルーを意識し、バックスイングよりもフォロースルーを大きくするように心がけることで、スイング軌道の中でヘッドを加速させながらボールをとらえることができる。それにより、自分の意志でインパクトの強弱をつけにくくなり、距離感のバラつきを抑え、ミスショットを防ぐことができる。

振り幅やスイング軌道をイメージするときのコツとして、ダウンスイング初期を「入口」、フォロースルーで打ち終わった位置を「出口」として意識することで、スイング軌道の中でヘッドを加速しながらボールをとらえることが可能になる。

フルショットと同様に、腕と体の同調性が重要なのはピッチショットも変わらない。両脇を締め、両肘と胸にできた3点の空間を変えないようにスイングをするようにしてほしい。腕を振る手打ちスイングにならないようにすることが大切だ。

ピッチショットに自信がつけば、パー5の3打目を楽に打てるようになるはずだ。再現性の高いピッチショットを身に付けて、バーディーチャンスを増やしてほしい。

【動画レッスン】ピッチショットをマスターする方法

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる