MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2018.10.23

古閑美保の常時100切りレッスン ~ウェッジ編② “ゆるく”じゃなく”ゆっくり”が正解〜

今回のテーマはウェッジショット。100ヤード以内の微妙な距離感の打ち分け法からグリーン周りのアプローチまで、ウェッジに関する基本となるスキルを6回に渡り古閑美保プロが伝授してくれる。賞金女王にまで輝いたそのテクニックは驚くほどシンプル。我々アマチュアにも真似できるウェッジテクニックをマスターしよう!

短いクラブほどゆっくり振る!

私は緩むタイプじゃないから振り幅を小さくすることは抵抗なくできるんです。緩む人のパターンは、例えばフルショットが100%だとして、距離を落とすときは70%で振ろうとする。でも私の場合は、例えば50の振り幅で振る時も100%なんです。

ただ、難しいのはリズムです。スイング自体が小さくなっているので、普通だったらリズムは速くなるんですが、それではダメなんです。短いショットほどヘッドの重みを感じながらゆっくり振らなければならないんです。

これも練習が必要になります。私はずっとメトロノームを使って練習していました。パンチショットをする時もリズムを変えずに振っていたくらいで、常に同じリズムで振ることを重視していました。メトロノームは本当にオススメの練習法です。

距離を落とすためにスイングをゆるくしようとするのは間違い。ゆるくじゃなくゆっくりが正解。ドライバーは長さがあるのでヘッドの重さを感じやすいんですが、ウェッジ短いせいで、本当はドライバーよりも重いのにその重さを感じずに振ってしまいがち。それがリズムを狂わせる要因になっています。私の感覚では短いクラブほどゆっくり振るように心がけています。

【古閑先生のウェッジスイング連続写真】

古関美保W2-1

決めた振り幅の中でいかに同じリズムでスイングできるかは距離感を合わせるために大切なこと。メトロノームを使って常に練習してどんな状況でも同じリズムで振ることを重視。

古関美保W2-2

古関美保W2-3

古関美保W2-4

古関美保W2-5

古関美保W2-6

古関美保W2-7

古関美保W2-8

DIRECTION=出島正登 

PHOTOGRAPH=今井暖

COOPERATION=ザ・カントリークラブジャパン

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる