MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION PR

2023.10.26

Onの高性能ウェアはなぜ、リピーターが続出するのか

昨今、明らかに街で見かけることが増えたスイス発のスポーツブランド、「On(オン)」の魅力を徹底的に解剖。第4回はアパレル展開について話を聞いた。

Onのアパレル
左:肌寒い季節に重宝する、超軽量の「ウェザーベスト」。再生ポリエステル製の中綿入りで、保温性も高い。¥20,900 中:日本製のニット素材を採用した定番アイテム。「パフォーマンス ロングT」¥8,800 右:伸縮性に優れた素材が採用された「パフォーマンス ウィンター タイツ」¥14,300

ストレスフリーな高機能アパレルは必見!

世界特許技術の「クラウドテック®」のインパクトが強く、それを搭載した「クラウド5」「クラウドモンスター」といったヒット作があるためシューズのイメージが強いOnだが、実はアパレルも評価が高い。

「Onの創業は2010年ですが、アパレルがスタートしたのは2016年。当初からアパレルも欲しいというリクエストはあったのですが、納得いくものができるまでは世に出さないという姿勢を貫き、開発にしっかりと時間をかけてファーストコレクションをリリースしました」と、オン・ジャパンの創業メンバーのひとりでPR担当の前原靖子さんは言う。

ファーストコレクションの完成度の高さは、7年経った今でも展開が続くアイテムがあることからもうかがえる。快適な着用感、軽さ、シンプルなデザインがOnのアパレルの魅力で、リピーターも多い。

こだわり抜いた素材とデザイン

「ランニング用のアパレルであれば、着用者がストレスなくランに集中できることを目指して開発されています。ウェアと身体が擦れてしまうと集中力が削がれますし、上手く汗が逃げないと走っていて不快感を覚えるでしょう。そういった負担を少しでも減らせるよう、素材選びや構造、細部のデザインにこだわり抜いているんです」

デザインチームは世界中をリサーチして素材を選定。On所属のアスリートたちとともにテストを重ね、商品が作られていく。

東京五輪では、Onがスイス代表チームのオフィシャルパートナーになったが、来年のパリ五輪でも継続されるという。また、ニューイヤー駅伝の常連チームであるSUBARU陸上競技部とのパートナーシップも締結され、選手が着用するユニフォームやウェアをOnが提供している。

スポーツアパレルだけでなく、日常的に着用できるウェアも展開されているので、ぜひチェックしてみてほしい

問い合わせ
オン・ジャパン TEL:050-3196-4189

TEXT=神津文人

PHOTOGRAPH=五月女幸希

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる