MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.06.27

ファッション偏差値を上げる、夏の着こなしテク7選

装いのお洒落度はトレンドだけでは計れない。新鮮さやバランス、季節感など多様な要素が関わり、それらはテクニックが決する。小物使いの小技から全身で体現する大技まで、ゲーテ厳選の旬技で洒脱巧者を目指したい。

1、ニットで3ピースという新スタイル

PRADA

カーディガン¥407,000、ベスト¥231,000、ショーツ¥280,500、靴¥140,800、ソックス参考商品(すべてプラダ/プラダ クライアントサービス TEL:0120-45-1913)

同素材のアンサンブルや同色コーディネイトなど、統一感によってモダンに見せる着こなしが注目されている。なかでも同素材のニットアイテムによるコーディネイトは、リラックス感もあって新鮮だ。プラダの3ピースはケーブル編みのカシミアニット製で肌ざわりも申し分ない。

2、リバーシブルにイエローという差し色が効く

HERMÈS

HERMÈS

ブルゾン¥532,400、シャツ¥102,300、パンツ¥112,200、ベルト¥113,300、ブーツ¥154,000、ネックレス¥105,600(すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)

リバーシブルアイテムの利点は、2通り着こなせるゆえ一方が鮮やかな色柄でもトライしやすい点だ。エルメスの新作ブルゾンも、明るいイエローのテクニカル素材トワルブライトと上品なグレーのコットン素材により、季節感溢れる差し色使いが気負わず楽しめる。

3、バンダナ柄を大胆に用いたハイストリート

LOUIS VUITTON

シャツ¥165,000、ショーツ¥132,000、バッグ¥448,800[すべて予定価格]、Tシャツ¥58,300、キーチャーム¥52,800(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

ラグジュアリーとストリートの出合いは、現代ファッションの一大潮流。その立役者ルイ・ヴィトンは、モノグラム・モチーフをアレンジしたバンダナ柄の上質コットンシャツを提案。同柄のバッグと併せ、着るだけで真に現代的なスタイルが装える。

4、ノーカラージャケットをドライビングウェアに

AZABU TAILOR CREST

ジャケット¥212,300〜、パンツ¥95,700〜、シャツ¥27,500〜[すべてオーダー価格](すべて麻布テーラー クレスト/Y&Mプレスルーム TEL:03-3401-5788)

旬のノーカラージャケットは都会的かつスポーティな雰囲気があり、ドライビングウェアとして着こなすと新鮮だ。麻布テーラー クレストが提案する1着は、本格仕立てによる立体的な肩周りや胸周りにより、エレガントで大人らしく装える。デニム風生地も現代的だ。

5、モードとスポーツブランドの異色タッグ

GUCCI

スウェットシャツ¥148,500、スウェットパンツ¥121,000、レギンス¥115,500(すべてグッチ/グッチ ジャパン クライアントサービス TEL:0120-99-2177)

コラボレーションも多様化し、ジャンルの枠を超えたタッグが市場を賑わせている現在。グッチとアディダスによる注目のコラボレーションは、モードの洗練とスポーツのカジュアル感を併せもつ。その独創的にしてパワフルな世界観は、上下全身で体現したい。

6、ミリタリーをソフトなカラーでエレガントに

BRUNELLO CUCINELLI

ブルゾン¥396,000、セーター¥121,000、パンツ¥79,200(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300) サングラス¥202,840(ブルネロ クチネリ&オリバーピープルズ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:0120-990-307)

MA-1タイプのミリタリーブルゾンが、久々にトレンドへ浮上している。ブルネロ クチネリの新作は上品なベージュで大人らしく羽織れる。製品染めによるこなれ感も着やすい。

7、シャツ生地のスーツで極上のリラックスを

GIORGIO ARMANI

スーツ¥363,000、シャツ¥132,000、ベルト参考商品(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)

スーツのカジュアルな着こなしは、ファッション上級者の条件のひとつだ。トレンドであるシャツ生地で仕立てたスーツなら、リラックスした雰囲気で着こなしやすい。ジョルジオ アルマーニの新作は、薄くしなやかな極上ウールの一枚仕立て。開襟シャツのような変形ラペルで、羽織るだけできまる。

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=前田 晃(MAETTICO)

STYLING=石川英治(TABLEROCK)

HAIR&MAKE-UP=古川 純

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

【ゲーテ11月号】大人が着るべき紳士服。表紙は岡田将生、松坂桃李etc.上昇する日本ワインとは

11月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

【ゲーテ11月号】大人が着るべき紳士服。表紙は岡田将生、松坂桃李etc.上昇する日本ワインとは

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2023年9月25日に発売となる。特集では、今、エグゼクティブが着るべき、型にはまらない紳士服を紹介する。表紙には、映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』から、岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さんらメインキャストだけでなく、水田伸生監督、脚本を担当した宮藤官九郎さんまで登場! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる