MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.05.18

クライミー×ジミーズのコラボレーションが登場! “今”を感じる男のセットアップ

昨今、“リバイバル” という響きを良く耳にする。特に’80年代や’90年代のカルチャーやライフスタイルに注目が集まっているが、そこをいかに今の時代感を捉えて取り入れるかという部分でこそ、センスが問われる。そこでオススメしたいのが、クライミーとジミーズのコラボレーションのセットアップだ。

CRIMIE1

ただの復刻ではない、“今”を感じるコラボレーション

’80年代や’90年代のリバイバルがカルチャー全体で盛り上がっている。それは、ファッションシーンにおいても同じく。ヴィンテージや復刻などの、名作と称されるアイテムの類ももちろん奥深く面白いが、ファッション=流行という語源を踏まえると、しっかり“今”の時代感が反映されているアイテムを選んでこそ、真の洒落者といえるのである。

そういった意味で現在注目されている年代にドンピシャなのが、JIMMY’Z(ジミーズ)。1984年、南カリフォルニアのマリブビーチに住むサーファー兼アーティストであるジミー・ガンザーが、ステーションワゴンで手作りのショーツをサーファーたちに販売したことからスタートしたブランドだ。広告にはスケートシーンで絶大な人気を誇るトミー・ゲレロ、スティーブ・キャバレロ、クリスチャン・ホソイなどのレジェンドを起用するなど、まさしく“カルチャー”を地で行くようなスタイル。今日に至っても、最もクールなサーフ・スケートのブランドの一つとして周知されている。

そんなジミーズと、もはや東京を代表するブランドの一つといえるクライミーがコラボレーションを発表する。’80年代~’90年代に一世を風靡したジミーズの「EYES」というグラフィックをメインのアイコンに採用しながらも、クライミーの感性が加わることで、確実に“今”を感じるコレクションに仕上がっている。

ゲーテの読者にオススメしたいのが、こちらのセットアップ。「EYES」のグラフィックを全面に採用し、総柄ながら、トーン・オン・トーンの配色がさり気なく、大人が着たいデザインとなっている。スーツという響きとは裏腹にパンツにはドローコードを採用するなど、肩肘張らないスタイルで楽しめるのも特徴だ。

時代を感じ取れる大人の男として、ぜひワードローブに取り入れたい。

CRIMIE2

ジャケット¥26,400

CRIMIE3

パンツ¥17,600

詳細はこちら

問い合わせ
GARDEN TOKYO TEL:03-3405-5075

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる