MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.05.15

人気沸騰のアウトドアブランド「トウキョウクラフト」の新作ギアとは

こだわりのモノづくりとオリジナリティ溢れるデザインで話題となっているアウトドアブランド「TOKYOCRAFTS(トウキョウクラフト)」。今季注目の新作アイテムを紹介する。

メイド・イン・燕三条のカトラリー&箸!

「トウキョウクラフト」は、キャンプ系動画で人気を博すYouTube『タナちゃんねる』代表タナ氏が手がける、新進気鋭のアウトドアブランドだ。2021年、デビュー作である斬新なフォルムの焚き火台は、発売と同時にキャンパーたちを唸らせ、早々に完売。続く、2作目の焚き火台も発売前から予約が殺到した。そんな、今最も勢いのあるアウトドアブランドといえるトウキョウクラフトが今季自信を持って発売したギアが、「職器シリーズ」のカトラリーセットと箸。

「職器シリーズ」には、日本が誇る新潟県・燕三条の職人技術により、精巧なモノづくりが体現されている。アルマイト加工による防サビや高強度に加え、凹凸加工による持ち手のしっかりとしたホールド感など、シンプルな外見からは計り知れないほど、メイド・イン・燕三条クオリティが詰まったハイスペックギアだ。

カトラリー3点セット、箸、各4,950円(トウキョウクラフト)。

カトラリーは、フォーク・ナイフ・スプーンの3点セット。アウトドアでへこたれないタフなつくりだが、武骨すぎない品のあるデザインは日常でも使いたくなる、コスパ抜群のギアだ。

そして、日本人には欠かせない箸。ひとつにまとめて持ち運びできる、一体型の新構造はまさに斬新だ。もちろん機能性も抜群で、例えば、一部を八角形にすることで転がりを防止。また、細さにこだわった箸先には滑り止め加工が施され、米粒や豆なども繊細につかむことができる。デザイン性のなかにも職人の巧みな技が凝縮された逸品といえる。

高機能かつスタイリッシュなデザインの、トウキョウクラフトの職器シリーズは、まさに一生モノ。焚き火台同様、こちらも完売必須の要注目アイテムになりそうだ。

商品の詳細は、トウキョウクラフトまで。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる