GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.12.31

ゴルフ場で一目置かれるカスタムシューズ&ゴルフバッグ&リメイクシューズ

重ね着が楽しい秋冬ゴルフシーズンが到来。ラグジュアリーかつ知的に、個性を発揮できる旬のゴルフアイテム選びと着こなしを、ゴルフを溺愛するスタイリストの尾後啓太さんが指南。

足元を支えるシューズは、抜かりなく、自分らしく

「既製品だとターフでの“カブリ”が発生することも。ならば、上手くカスタマイズを使って、自分のスタイルに合った1足を作ることが妙手に。右は、フットジョイのマイジョイズ。ゴルフシューズの名門によるカスタマイズシステムでアッパーの生地変更や刺繍なども可能。左は、オーダー会なども開催するゴルフ専門のオーダーメイドシューズ『アザス ゴルフ』。ベースモデルも豊富なうえに、アッパーの色柄や素材変更の自由度が高く、センスの発揮しがいがあります」

FootJoy

FootJoy

各¥46,200~〈予定価格〉(ともにフットジョイ/アクシネット ジャパン インク TEL:0120-935-325)

AZAS GOLF

AZAS GOLF

チャッカブーツタイプ¥49,800、ウィングチップタイプ¥39,800(ともにアザス ゴルフ/アザスゴルフ TEL:048-797-8971)

愛するクラブを運ぶからキャディバッグこそ入魂を

「ゴルフ場でセンスに差が出るのが、キャディバッグです。サイズも大きく目立つだけでなく、愛するクラブを運ぶ道具だけに注意が必要。右は、ハイブランドにも使用されるコーティングキャンバスを使ったブランドのレザレクション。パターンを選べてペイントなども追加可能。左は、1977年からメイド・イン・ジャパンのものづくりを続ける小山ゴルフバック製作所のオーダーバッグ。職人の技が光ります。一生モノを選ぶなら、ぜひ作ってみたい名品といえます」

Resurrection / KOYAMA GOLF BAG FACTORY

右:本体¥102,000、ペイント料金¥180,000(レザレクション/レザレクショントーキョー TEL:03-6418-5391)
左:¥308,000(小山ゴルフバック製作所 TEL:048-873-2819)

愛用のスニーカーもゴルフ用にコロモ替え

「自分らしくシューズを楽しむ技をもうひとつ。お気に入りのスニーカーを、ゴルフ用にセルフカスタムできる“ゴルフキックス”というアイテムです。専用の工具を使って、自分のお気に入りのシューズのソールにぴったり合うまでディスクをねじこむだけというもの。厚めのソールがついた靴に装着すると安定感が増します。写真は、自分の私物ですが、ユニオンやフラグメントのジョーダン1やビズビムといった名作スニーカーもゴルフ用に改造。その日の気分に合わせて履き替えています」

GOLFKICKS

GOLFKICKS

右:1箱¥5,940(ゴルフキックス/クラブハウス TEL:06-6585-7434)、左のシューズはスタイリスト私物

 

KEITA OGO
2010年よりスタイリストとして独立。業界でもゴルフ好きとして知られ、ゴルフイベントの企画や、ゴルフウェア関連のディレクションなどに参画することも。頻度は、年間40ラウンドほどで、ベストスコアはなんと71。ターフに私服を取りこむ術に長(た)ける。

DIRECTION=大内康行

TEXT=髙村将司

PHOTOGRAPH=杉田裕一

STYLING=尾後啓太

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]2月号が12月24日に発売! 総力特集は、経営者の寵愛する場所・特別な人。その他、データ活用で己を知れる、最先端の測定器カタログや、30周年を迎える、ウルフルズ・トータス松本のソウルフルインタビューもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる