MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2024.05.08

グラミー賞4度受賞! ギタリストのレジェンド、ラリー・カールトンのコラボアルバム『Soul Searchin’』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は2024年5月から日本ツアーを行う、ラリー・カールトンの『Soul Searchin’』。

ラリー・カールトン

西海岸と南部のフュージョン。ミスター335、聴き納めか?

ギタリストのラリー・カールトンが約60年のキャリアにけじめをつける。“ミスター335”と言われグラミー賞を4度受賞したこのレジェンドが、2024年5月に来日公演を行う。

フュージョンがクロスオーバーといわれた1970年代、米西海岸のラリーの音楽は世界中で大ブームに。セミアコの名器、ギブソン335で演奏する「ルーム335」は大ヒットした。

しかし1988年、自宅前で暴漢に撃たれる。生死の境をさまよった彼は、懸命なリハビリでギタリストに復活。命の危機は音楽家を変え、音を変えた。「あの事件以降少しずつ僕の内側が進化し、音が熱を帯びた」

インタビューで話してくれた。「事件の前よりも、新しいメロディーやコードを生みだしたい欲求が強くなった」

ラリーは活動の拠点をカリフォルニアからテネシー州ナッシュビルに移した。南部の土地柄、音はブルージーになった。

ライヴでは今も「ルーム335」を演奏する。楽曲はウエストコースト生まれなので爽やか。ところが、ギターのアプローチは南部の土の匂い。両極端のテイストが絶妙に共存。ラリーの個性になっている。

横浜、東京、大阪での観納め聴き納めのショー、逃したくない。

ラリー・カールトン『Soul Searchin’』
『Soul Searchin’』
AGATE Silhouette Series ¥2,122
現状最新作は2021年に発表したポール・ブラウンとのコラボ。来日公演は2024年5月1日から横浜、東京、大阪。詳細はこちら

Kazunori Kodate
音楽ライター。近著は『不道徳ロック講座』(新潮新書)、『ジャズ・ジャイアントたちの20代録音「青の時代」を聴く』(星海社)。他に『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』(新潮新書)など多数。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる