MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.09.05

ジャズ界の巨匠 ウェイン・ショーター、豪華カルテットによる傑作ライヴアルバム

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、ウェイン・ショーターの『Live at the Detroit Jazz Festival』。

Detroit Jazz Festivalでのウェイン・ショーターのライヴ

レジェンドが描く幻想的な音物語が脳内で展開する

2023年3月に89歳で永眠したウェイン・ショーターが、2017年にカルテットで演奏したライヴ音源。ベースと歌はエスペランサ・スポルディング。レジェンドのDNAを次世代に継ぐパフォーマンスが聴ける。

幻想的で映像的な音の空間で紡がれるウェインの音楽物語。まぶたを閉じると、4人の演奏なのに、スケールの大きな景色が脳内に繰り広げられる。

ハリウッドのサウンド・シティで暮らしていたウェインを訪ねたことがある。仕事部屋のラックには映画のソフトがびっしり。10代の頃は映画作家になりたかったという。しかし、当時の映画界は黒人には狭き門だった。ならば音で映像を描きたいと、サックスを手にしたそうだ。

19世紀にベルギー人のアドルフ・サックスが、ひとつの楽器でオーケストラのような映像的で厚みを感じる響きを表現したくて生みだしたのがサックス。そんな楽器の生みの親の願いをジャズのフィールドで実現させた音楽家がウェイン。そして楽器の持つ特性が存分に発揮されたのが、このアルバムの「サムプレイス・コールド“ホエア”」であり、「ミッドナイト・イン・カルロッタズ・ヘア」だろう。

聴くたびに、新しい風景が脳のなかで展開する。

ウェイン・ショーター『Live at the Detroit Jazz Festival』
『ライヴ・アット・デトロイト・ジャズ・フェスティヴァル』
ユニバーサルミュージック ¥2,860。
2017年9月3日のデトロイト・ジャズ・フェスのライヴ音源。2023年の第65回グラミー賞「最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」受賞作。全6曲を収録。

Kazunori Kodate
音楽ライター。『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』『25人の偉大なジャズメンが語る名言・名盤・名演奏』など著書多数。『不道徳ロック講座』(新潮新書)が今話題。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY

MAGAZINE

10月号 Now on sale

【ゲーテ10月号】表紙は大沢たかお! 人生をより豊かにする“今どき”の「会員制」とは

ゲーテ10月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

10月号 Now on sale

【ゲーテ10月号】表紙は大沢たかお! 人生をより豊かにする“今どき”の「会員制」とは

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]10月号が2023年8月24日に発売となる。特集では、仕事場と家庭以外の‟サードプレイス″として持っておきたいさまざまな「会員制」を紹介する。ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる