MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.07.19

ザ・フー、圧巻のライヴアルバム『With Orchestra Live At Wembley』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、The Who(ザ・フー)の『With Orchestra Live At Wembley』。

the who

プログレで、テクノで、クラシック、音楽のすべてを融合したロック

2020年代にこのバンドの新しいライヴアルバムを聴けるとは思わなかった。1964年にデビューしたザ・フーが、2019年7月に9万人収容できるロンドンのウェンブリー・スタジアムで行ったショーの音源をリリース。『四重人格』『フーズ・ネクスト』『フー・アー・ユー』など’70年代の名盤から、2019年の『WHO』の楽曲まで20曲を収録している。

ザ・フーはハードロックで、パンクで、プログレで、テクノで、クラシック。このツアーはオーケストラと共演し、音楽で壮大な物語を描く。同じツアーのニューヨーク公演をエンタテインメントの殿堂、マディソン・スクエア・ガーデンで観た。客席は2万人のフルハウス。ザ・フーが街を訪れ、マンハッタン全体が熱気を帯びていた。

代表曲のひとつ「ババ・オライリィ」は、個人情報をプログラミングした音で始まるプログレッシブなナンバー。ザ・フーは’71年にすでにテクノを取り入れていた。曲の骨格や挑戦する精神はガチのロック。弦楽器や管楽器で厚みを増し、説得力も増す。エンディングはケルト音楽のテイストのバイオリンソロで、テンションが上がっていく。

ザ・フーにはロックの持つすべてがある。

『With Orchestra Live At Wembley』

『With Orchestra Live At Wembley』
ユニバーサルミュージック¥6,600
2019年のワールドツアー、ロンドン公演のライヴアルバム。「ピンボールの魔術師」「無法の世界」など20曲。

Kazunori Kodate
音楽ライター。『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』『25人の偉大なジャズメンが語る名言・名盤・名演奏』など著書多数。2023年7月20日に『不道徳ロック講座』(新潮新書)を出版予定。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる