MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2024.01.18

世界最高峰ギタリスト、パット・メセニーの名盤『ドリーム・ボックス』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、パット・メセニーの『ドリーム・ボックス』。

パット・メセニー
Photo by Jimmy Katz

とろけるようなギター。3週間もの来日公演も実現

切なさ、はかなさ、郷愁……。世界最高峰のギタリストのひとり、パット・メセニーの『ドリーム・ボックス』は涙が溢れるほど情緒的だ。

パットは一年の大半でライヴを行い、ツアー暮らしを送っている。その旅の空の下で生まれたのがこの作品集。一曲目の「ザ・ウェイヴズ・アー・ノット・ジ・オーシャン」からラストの「コーラル」まで、絵画のように音の景色が描かれていく。

「僕の演奏は、素朴さや土の匂いがあると言われる。正しい感想だと思うよ。素朴さは僕そのもので、それが音になっている」

かつてインタビューした時に語っていた。彼は17歳までミズーリのカンザスシティで育ち、その後50年以上旅を続けている。土、風、水から、彼にしかないとろけるようなギターサウンドが育まれてきた。

2024年1月から2月、パットは約3週間のジャパンツアーを行う。各地のホールをまわった後、レジェンドのベーシスト、ロン・カーターとのデュオとソロで計約2週間ブルーノート東京に出演。セットリストは『ドリーム・ボックス』の曲が中心。海外公演では代表曲もメドレーで披露した。曲によってギターを持ち替え、ライヴでも情緒的な音を聴かせてくれる。

パット・メセニー『ドリーム・ボックス』
ドリーム・ボックス
ワーナーミュージック ¥2,750
ギターだけで録音された情緒的な作品集。2024年1~2月に来日公演。詳細はこちら

Kazunori Kodate
音楽ライター。近著は『不道徳ロック講座』(新潮新書)、『ジャズ・ジャイアントたちの20代録音「青の時代」を聴く』(星海社)。他に『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』など著書多数。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる