MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2022.08.28

RACE直系! 操る楽しさ全開のGRスポーツカー「GRカローラ・GRヤリス」

トヨタのスポーツカー開発の勢いは止まらない。GRヤリスに続き、2022年中に発売を予定している自社開発スポーツカーがGRカローラ。GRヤリス譲りのターボエンジン、スポーツ4WDシステムはGRカローラ仕様に最適化。最高出力は304psに到達する。GRヤリスが3ドアなのに対してGRカローラは、ワイドな基本骨格を活かし、優れたスポーツ性能と5ドア・5人乗りの利便性を両立。今回の連載「NAVIGOETHE」では、そんな「GRカローラ・GRヤリス」をご紹介!【過去の連載記事】

GRカローラ

GRカローラ モリゾウエディション
トヨタのマスタードライバーであるモリゾウこと豊田章男社長自らがつくりこんだスペシャルバージョン。エンジン出力の強化や、ボディを補強し剛性をアップ。またリアシートを撤去して2シーターとすることで大幅な軽量化を図るなど、細部にいたるまで徹底的にこだわっている。価格は未発表、2022年秋予約抽選を開始。

GRが挑み続けるレースの実験場

メルセデス・ベンツの「AMG」、BMWの「M」、アウディの「アウディスポーツ」、いずれも元は各社のモータースポーツ部門の名称だ。レースに勝利するためには、そもそもベースとなる市販車の性能を高める必要がある。レースで得たデータを次の市販車開発に活かす。欧州の先達は自動車の黎明期からそれを実践してきた。そして、そういったモータースポーツ部門の名称を高性能車の証として市販車に冠してきたのだ。ドイツ御三家もモータースポーツ活動を行うと同時に、高性能車を開発する独立部門として確たる地位を築いている。

GRカローラ

GRヤリス RZ ハイパフォーマンス
WRCのホモロゲーション(型式認定)モデルとして開発された「GR」のオリジナル版。アッパーボディは、コンパクトハッチバックとは思えない抑揚ある意匠で、素材はアルミに加えて、ルーフにはカーボンを採用。エンジンや新開発スポーツ4WDシステムGR-FOURなど、コンパクトボディに最新技術が余すことなく凝縮されている。¥4,560,000〜。

トヨタも同様に真似をすればいい。しかし、ことはそれほど単純ではない。例えばトヨタはグループでの世界販売台数が年間1000万台規模を誇る、2020年から2年連続で世界No.1の自動車メーカーである。ドイツ御三家の年間販売台数を全部足し合わせてもトヨタ1社には及ばない。それほどの大企業がステークホルダーの視線を横目に、おいそれとスポーツカーづくりには手をだせない。

ナビゲーテ

スポーツ4WD「GR-FOUR」とは?
WRC由来の新開発スポーツ4WDシステム。4WDモードスイッチにより、前後のトルク配分を可変する機構を装備する。フロント/リア60:40の「NORMAL」モード、50:50の「TRACK」、またFFベースは難しいとされている、後輪駆動ベースのような30:70の「SPORT」といった3つのトルク配分を選択可能。テレビCMで印象的だったGRのドリフトシーンはこの4WDシステムゆえに実現できたものだ。

しかし、豊田章男社長の陣頭指揮のもと、トヨタが’17年から展開しているスポーツカーブランドがGRだ。GAZOO Racing(ガズー・レーシング)の略称であり、「レースで勝つために鍛えたクルマを市販化する」というレース活動で得た知見を市販車へと注ぎこんでいる。またトヨタは今カンパニー制を導入しているが、独自開発した高性能車の販売で利益をだしながらモータースポーツ活動を行う。経営に影響を受けやすいレース活動をサステイナブルなものとするための試みだ。

’20年にはGRブランドを冠したスポーツカー、GRヤリスを発売。社長自らがマスタードライバーとして「クルマをつくっては壊す」を繰り返した。専用設計のボディに新開発エンジン、そしてスポーツ4WDシステムGR-FOURと、完成した市販モデルは今どき常識外れの仕様で好事家たちを狂喜乱舞させた。そして、たたみかけるように’22年6月には、「GRカローラ RZ」と「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開。この“モリゾウ”仕様は、まさにマニア垂涎の逸品。社長自らの名前を冠するくらいなのだから、自信の表れ以外の何物でもないはずだ。

GR

2022年に始まった新たな車両規定FIA Rally1技術規則に準拠して開発された「GR YARIS Rally1 HYBRID」。1.6ℓターボ+ハイブリッドユニットを搭載し、再生可能燃料が使用されるなど、モータースポーツの世界ですでにサステイナブルな取り組みが始まっている。

トヨタが参戦している主な世界選手権はふたつある。ひとつは’22年6月に5連覇を達成したル・マン24時間レースをはじめとする耐久シリーズのWEC(FIA世界耐久選手権)。そしてもうひとつがWRC(FIA世界ラリー選手権)だ。

ナビゲーテ

WRC(FIA 世界ラリー選手権=FIA World Rally Championship)は、1973年に始まった世界最高峰のラリー。SS(スペシャルステージ)と呼ばれる、交通が遮断された一般道を市販車ベースのマシンで走りタイムを競う。’22年は年間13戦で争われ、最終戦は日本での開催が予定されている。

トヨタのWRC参戦は1999年に一度途絶えていた。豊田社長の「もっといいクルマづくりを推進するために最高の舞台のひとつである」という強い意志のもとで2017年に再び参戦を開始。この時にチーム運営およびマシン開発を託したのが、WRCで4連覇を成し遂げ、現役引退後は地元のフィンランドでラリーチームを運営していたトミ・マキネン氏だった。トヨタにはドイツに直轄のレース活動拠点があり、社外の小さなプライベートチームに運営を任せることには、相当な抵抗勢力があったという。

ナビゲーテ

2022年のケニアで29年ぶりの1-2-3-4フィニッシュ達成。勝田貴元選手(右)も3位で貢献。

しかし、豊田社長が不退転の決意でそれを実行に移し、復帰初年度、第2戦で初優勝をあげた。’18年にはチームタイトルを、’19年と’20年にはドライバー&コ・ドライバーのタイトルを獲得した。実はこの初期の段階からすでにチームは次期型ヤリスの開発にも参画。ラリーマシンは市販車の基本骨格部分を使用することが多く、例えば「これくらいのサスペンションストロークを稼ぎたい」、といった要件を最初に組みこんでおけば、より速いマシンをつくることができ、ひいては市販車の性能向上につながる。そうして生まれた新型ヤリスの基本性能の高さゆえに、いまのGRヤリスがあるのだ。

ナビゲーテ

全日本ラリーで大躍進を続けるGRヤリス
勝田貴元選手の父であり、国内トップのラリードライバーである勝田範彦氏(中央右)。過去8度、全日本ラリー選手権でチャンピオンを獲得した経験をもとに、2021年からはTOYOTA GAZOO Racingへ移籍しGRヤリスをドライブ。’21年9度目の全日本タイトルを獲得している。

クルマの開発と並行して豊田社長が注力しているのが、人づくり。日本からエンジニアがチームに参画するのはもちろん、’15年からWRCで活躍できる日本人ラリードライバーを育成するため、WRCチャレンジプログラムを始動。フィンランドに移住し、トミ・マキネン氏のもとで武者修行を続けてきた勝田貴元選手が今WRCのトップカテゴリーに参戦中。’22年6月のサファリラリーでは見事に3位表彰台を獲得した。

ナビゲーテ

WRCで存在感を見せるトヨタのワークスチーム
2017年から’19年までトヨタのワークスドライバーとして活躍、昨年よりトミ・マキネン氏からチーム代表の座を受け継いだヤリ-マティ・ラトバラ氏がTOYOTA GAZOO Racing WRTを率いる。今年は6戦を終えた時点でマニュファクチャラーズ選手権総合首位。

’21年より、チーム代表はトミ・マキネン氏から’19年までトヨタのドライバーだったヤリ-マティ・ラトバラ氏に受け継がれた。大のトヨタファンを公言するナイスガイで、5月の富士24時間レースに来日、自ら水素エンジンカローラをドライブするなど、次世代車両の開発にも従事。“モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり”の好循環が生まれているのだ。

ラリー

念願のRWCが日本に帰ってくる!
2010年が最後の国内開催となっていたラリージャパン。トヨタがWRC復帰初戦となるʼ17年に好成績を収めたものの、コロナ禍の影響を受け、’20年と’21年の2大会が開催中止に。待望の復活が望まれる今年11月、WRC最終戦のスタート地点は、豊田スタジアムに決定した。

問い合わせ
トヨタ自動車お客様相談センター TEL:0800-700-700

TEXT=藤野太一

PHOTOGRAPH=YOYOTA GAZOO Racing

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる