GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.04.25

ランドローバーを英国流にビスポークする、究極なる男のロマン

かのジェームズ・ボンドが身につけるアイテムは、ほぼすべてオーダーメイド。俊敏な身のこなしと華麗な佇まいは、寸分違わぬ“自分仕様”の為せる技なのだ。そんなタフな男が行き着く先、一級品のオーダーメイドの世界を紹介する。

極めればオーダーメイド

ボディ色のみならず、レザーの色や質感、数種類ものウッドやアルミ、カーボンなど、インテリアを彩るデコラティブパネルも豊富に用意される。

服と同じように、自分の身体や嗜好にあわせてカスタム

ランドローバーのラインナップにおいて、特別なモデルにのみ与えられる「SV」のバッジがある。それは、2014年、本社のあるイギリス・コベントリー近郊に創設された、ハイパフォーマンスバージョンやビスポークモデルなど特別仕様の開発、製造を担う特設部門「SVO」(スペシャル・ヴィークル・オペレーションズ)が手がけたモデルであることの証だ。

ボディカラーのサンプル

ボディカラーのサンプル。SVOのスペシャルカラーには、同じ色でも光沢のあるグロスとマットを選択することも可能。

SVOでは今2種類のサブブランドが展開されている。ひとつ目が「SVA」。Aはオートバイオグラフィの略であり、ラクジュアリー性能を極めたもの。ふたつ目は「SVR」。レーシング由来のRを掲げ、スポーツ性能を高めたものだ。

iPadでコンフィギュレーション

色見本を片手に、iPadでコンフィギュレーションを試せる。無限大の組み合わせは悩ましくも楽しく時間を忘れる。

これらSVAやSVRは、レンジローバーやレンジローバースポーツなどにカタログモデルとしてラインナップされている。しかし、それでは飽き足らない顧客のために、ボディカラーや素材など、さらなるオーダーメイドの選択肢も用意。デジタルの時代だけにオフィシャルサイトでも緻密なコンフィギュレーションが可能となっているのだ。

さり気なく配置されたSVRのバッジ

レンジローバー スポーツのテールに、英国流のアンダーステイトメントでさり気なく配置されたSVRのバッジ。

「ビスポークプログラムを利用されるお客様の多くは、クルマの知識や経験が豊かで細部にまでこだわりをお持ちの方がほとんどです。コンフィギュレーターで欲しい仕様を絞りこみ、色や素材の質感といったウェブ上では確認できないものを確認しに来店されます。注文内容にもよりますが、納車までには最低でも半年以上かかりますので、オーダーを何度も経験されている方や、クルマを複数台所有されている方がほとんどですね」とはランドローバー東京ベイ有明のセールスエグゼクティブ河西宏和さん。

エンジンカバーまでカーボン

ボンネットのみならず、それを開けるとエンジンカバーまでカーボンというこだわりも実現できる。

そして実はSVOが手がけたエクストリームなオフロード性能を追求したモデルも存在する。映画『007スペクター(’15年)』の劇中車となったワイルドなディフェンダーだ。いかなるビスポークにも応えるSVOとは、洒脱でスポーティ。ボンドのようなタフな男が選ぶ究極のランドローバーなのだ。

 

問い合わせ
ランドローバー東京ベイ有明 TEL:03-3529-0211

DIRECTION=島田 明

TEXT=藤野太一

PHOTOGRAPH=デレック槇島

PICK UP

STORY

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

cover 6月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

6月号 Now on sale

仕事で勝ちたくば、ワインライフを謳歌せよ! ゲーテ6月号は藤田 晋のワインライフに独占密着!

4月24日(土)発売『ゲーテ6月号』の総力特集は、「藤田晋、ワインに熱狂中」。新時代の移動様式「自転車特集」や中田英寿と内田篤人による「”生き方”対談」もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる