GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.02.16

フェラーリの新型ローマは速さと使いやすさの美味しいところどり!

リトラクタブルハードトップを持つ「ポルトフィーノ」に続き、新たに加わった2+シーターGTベルリネッタ(クーペ)のFRモデル。1950~’60年代における伊ローマのライフスタイル“La Dolce Vita(ドルチェ・ヴィータ:華やかで自由気ままな生き方)”を現代的に解釈したコンセプトから、その名が与えられている。連載【NAVIGOETHE】Vol.54

NAVIGOETHE

FERRARI ROMA

“アンダーステイトメント”跳ね馬流の新様式

歴史の重みと現代の賑わいが背中合わせとなった街、ローマ。マラネッロの新作、その名もフェラーリ ローマは、そんな古都のデカダンスを一身に浴びて登場したV8エンジン搭載のグラントゥーリズモだ。

商品コンセプトを端的に語るべくマラネッロが用意したフレーズが、「ラ・ヌォーバ・ドルチェ・ヴィータ」、新・甘い生活。世界が’50年代終わりのあの浮き立った時代を満喫したのちに、マラネッロはシンプルで美しいグラントゥーリズモを量産し始めていたーーあの時代を再解釈するGTを。新型ローマはシルヴィアを追ってトレヴィの泉に飛びこむマルチェロの現代クルマ版、というわけである。

たとえ古都ローマのような特別な場所でなくても、日常の移動を上質なひと時へと変えてくれるパートナーを、マラネッロはつくりたかったのだろう。いつもの交差点の信号待ちでさえ、心が浮き立つようなーー。

新型ローマ

リッチな移動環境を楽しめる、速さと使いやすさを両立した新型ローマ。流して走る分にはひたすら静かでジェントルだが、ひとたび走行モードを「RACE」にすれば調律された咆哮(ほうこう)がすぐさまうねりを上げる。トンマナが整えられた音や振動など、車内の静粛性は高く、路面を舐めるような優れた乗り味も大きな魅力。そのパフォーマンスは0→100km/h加速3.4秒、最高速度は公称値320km/hに達する。

余分な意匠を廃したピュアなウマ味

ローマのスタイリングは写真で見るよりもはるかにグラマラスで美しい。そして何よりクリーンだ。スポーツカーらしい逞(たくま)しさとイタリアンプロダクトらしい繊細さの塩梅は絶妙で、ひけらかさないラグジュアリーという新しい次元を提案する。パフォーマンスのみをやたらと追求し、その成果をエアロダイナミクスの証左としてひけらかす最新スーパースポーツのあり方とは一線を画したと言っていい。

デュアルクラッチ式8速AT

2基のターボで過給されるV8エンジンはデュアルクラッチ式8速ATを介して最高出力620psを発生。760Nmもの最大トルクを3000~5750rpmという広い回転域で発生させる。

なかでも真横から見たロングノーズ&ショートデッキのシルエットがいい。完璧なクーペでは決してない。ノーズはやや不自然に下がり、キャビンはかなり後方にあって、デッキは前半と不釣り合いに小さく見える。この絶妙な“崩し”こそが飽きのこないエレガンスを生みだす。ドアを閉め、ちょっと歩きだしてはまた振り返って見たくなる。そんなスタイリングだ。

その走りもまた、街中をゆっくり流すような場面においてはジェントルに徹していた。ソリッドな身体をラバーで包みこんだかのようなライドフィールで、軽快な動きと心地よさとを両立している。よくできたグラントゥーリズモでもあって、長距離ドライブも快適にこなした。休日の気晴らしはもちろん、ビジネスエクスプレスとしても有用だろう。現代における“甘い生活”の中心にビジネスを据える紳士にはなおのこと……。

インフォテインメントシステム

乗車定員は4名だが、後席は非常用ともいうべき2+シートレイアウトとなっている。インフォテインメントシステムは最新のものを採用。運転に関わる操作系統以外はすべてタッチ式となり、速度計や地図表示などの各種情報はメーターナセルに集約された。

とはいえ、マラネッロ産の駿馬ではあった。ひとたび駆け回る舞台を与えたならば、そのキャラクターはキレッキレのスポーツカーへと一変。ステアリングホイールのセレクターを『RACE』に合わせれば、ローマはたちまちマシーンと化すのだ。

切れば切るだけ曲がっていくなどという生易しさではない。まるで道をよく知る優秀な馬の如く、鋭く正確に曲がっていく。そのシャープさにスリルを感じつつ、はやる心を抑えてコーナーを脱出し、先が見えたなら間髪を容れずに右足を踏みこむ。一連のコーナーワークを思いどおりに果たすこと。そこにはビジネスの駆け引きにも通じる醍醐味があった。

カヴァリーノ・ランパンテ

キーフォグにはオーナーの所有欲をくすぐる、エンブレムと同じ七宝焼きの“カヴァリーノ・ランパンテ”を冠した。

ニンブルなハンドリングはドライバーの技量を試し、回せば回すほどにV8サウンドは咆哮となって騎手をけしかける。なるほど、マラネッロもそう謳(うた)うように、ローマはドレスド・マシーンというにふさわしい。

 

フェラーリ ローマ

空力特性を意識したエアロダイナミクスの造形は控えめな意匠となり、往年の「250 GTベルリネッタ・ルッソ」や「250 GT 2+2」など、さまざまな古典FRフェラーリのエッセンスが鏤(ちりば)められている。デザインを主導するのは、これまでどおり社内スタイリングセンターを率いるフラビオ・マンツォーニ。¥26,760,000~[税込]

詳細はこちら

TEXT=西川 淳

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる