GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.02.06

ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」の乗り心地を解説!

PORSCHE

前後重量配分は理想的な49:51で、車重を感じさせることなく峠道でも思いのまま。最大出力は625ps、オーバーブースト時には761psにまで到達し、0→100km/h加速2.8秒と異次元の世界へ。本来の性能を味わいたいなら首を鍛えてからにしたほうがいい。Taycan Turbo S ¥24,541,000。

新時代へと走るポルシェ魂を“体感”

テスラが先行するプレミアムEV市場に、メルセデス、アウディなど自動車専業メーカー各社は、SUVを送りこんだ。

しかし、ポルシェが選んだのは4ドアサルーン。

「911をはじめとする過去のヒストリーを見ればわかるように、我々はスポーツカーメーカーなのです。SUVなら開発はもっと簡単だったかもしれません。しかし、何がポルシェらしいのか。プレミアムEVであっても、それを提示する必要があるのです」。以前、取材した開発者は誇らしげにそう話していた。

水平基調のダッシュボード

初代911をモチーフに“T字”をイメージさせる水平基調のダッシュボード。911伝統の5連メーターを液晶パネルで再現。オプションで助手席前方にもディスプレイが備わる。

車名の「Taycan(タイカン)」は、ポルシェクレストの中央にいる跳ね馬のイメージに基づくもので、“生気溢れる若馬”を意味するという。

新時代を切り拓くスポーツカーであるという思いが込められている。

ボディサイズは、パナメーラよりも全長は短く、全幅は広く、全高は低い。そして床下にバッテリーを抱えながらも911に近いシートポジションを実現している。

低い重心高がもたらすハンドリングのよさはスポーツカーそのもの。

ポルシェ ターボチャージング ステーション

総バッテリー容量は93.4kWh。航続距離はWLTPモードで412km。CHAdeMOや普通充電など既存インフラにも対応しており、50kW急速充電器では航続距離100km相当の充電に要する時間は31分。今後150kW級の急速充電器を備えた「ポルシェ ターボチャージング ステーション」の整備を進めていくという。

“ターボ”の名に違(たが)わずその加速性能は異次元で、それでいて、ゆっくりと流して走っていても快適。

高いボディ剛性とエアサスペンションの組み合わせによって、ポルシェモデルで最上とも思える乗り心地を手に入れた。

最近は電気自動車の台頭に注目が集まるが、タイカンは紛うことなきポルシェ。

価格、性能あらゆる面において選ばれしエグゼクティブのためのもの。

今最強の電動スポーツカーなのだ。

 

問い合わせ
ポルシェコンタクト TEL:0120-846-911

TEXT=藤野太一

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる