GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.01.11

全国限定150台! フィアットのデニムカラーSUVに釘づけ

伊コンパクトSUVが艶消しのインディゴカラーで新登場。

伊コンパクトSUVが艶消しのインディゴカラーで新登場。

小さな名車のSUVと限定デニムカラーがクロスオーバー

ようやく個性的なカラーのクルマに街で出合うことも増えてきた。とはいえ、白や黒のクルマもいまだに多い。

もっといろんな色味があっていいのに。色で決めるクルマ選びもまた楽しいものなのだから。

そんななか最近のフィアットはというと、カラーコーディネイションにこだわった特別仕様車をいろんなパターンで出してくるから面白い。

大人5人が寛げる車内空間と5ドアボディの使い勝手を実現したフィアット500X(チンクエチェントエックス)

大人5人が寛げる車内空間と5ドアボディの使い勝手を実現したフィアット500X(チンクエチェントエックス)に、専用意匠となる18インチアルミホイールや限定色のマットジーンズ ブルーを内外装に纏(まと)う。

ポップあり、カジュアルあり、クラシックあり、そしてゴージャスありと、オフィシャルサイトを見ているだけでワクワクが止まらない。

コーディネイトの妙だけで欲しい気持ちにさせてしまうのだから、さすがはイタリアの名門だ。

新型「500X インディゴ」という限定車(国内150台)もまさにそんな1台だった。とにかくマットジーンズブルーというボディカラーがユニーク。

最高出力151psを発生しながら13.4km/ℓ(WLTC)の低燃費性も両立。

心臓部はゆとりある最高出力151psを発生しながら13.4km/ℓ(WLTC)の低燃費性も両立。

マットカラーは確かに流行りだったけれど、強面なイメージが強くなりすぎた。ちょっと食傷気味、というかどうにも洒落た感じには見えてこなかったのだ。

しかし、このデニムっぽい雰囲気ならアリだ。500Xの丸いスタイルとも好相性。18インチのアルミホイールで足元も華美にならずいい具合に引き締まった。

インテリアはもっとよい。トリムパネルはボディと同色系のマットネイビーで、レザーハイドは潔くブラック仕立て。素晴らしく大人のコーディネイトじゃないか。

アダプティブクルーズコントロールなどの標準装備が嬉しい。

ブラックレザーシート、アダプティブクルーズコントロールなどの標準装備が嬉しい。

イタリア車らしい軽快な走りが魅力の500X。ポップなイメージの強いクルマだけれど、徹底的にシックな雰囲気もまたよく似合う。

夜のネオンが都会を駆けるつや消しのフィアット500Xインディゴによく映えるのである。

 

FIAT

¥3,470,000

問い合わせ
チャオフィアット TEL:0120-404-053

TEXT=西川 淳

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

2021年3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

1月25日発売の「ゲーテ3月号」は名だたる企業のクリエイションを一手に担い成長へ導いてきたクリエイティブディレクターの佐藤可士和を大特集。進化型サウナの最前線GO TO SAUNA特集や、魅惑のチョコレート特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる