GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2021.10.24

NASAと火星住宅開発に挑む日本人建築家がいた!

地球とは異なる環境に建設される宇宙建築。そこに挑む建築家の発想は意外にも「住むのは人である」という至極当然なものだった。マーズ・アイス・ハウスで国際的に注目されたクラウズ・アーキテクチャー・オフィスに、これからの建築の標準ともいえる地球を含めた宇宙の家の在り方を聞く。

宇宙における建築とデザインの力

クラウズ・アーキテクチャー・オフィスが、NASA主催のコンペで提案した「マーズ・アイス・ハウス」。外壁を氷でつくるというコンセプトが評価され、大御所のノーマン・フォスター建築事務所を抑え優勝。©Clouds AO / SEArch

「住むのは人間。地球も火星も考え方は同じ」

ニューヨークを拠点に活動する建築家・曽野正之さん、妻の祐子さん、オスタップ・ルダケヴィッチさんからなるクラウズ・アーキテクチャー・オフィス(以下クラウズ・アオ)は、数々の宇宙建築を発表している稀有なチームだ。彼らが世界的に注目を浴びたのは、2015年にNASAが開催した火星基地設計コンペで優勝したこと。その作品は、「氷の家」という実に突飛な発想のものだった。

コンペには「宇宙線から居住者を保護する」「資材は現地調達」「3Dプリンターで建設可能」などの条件があり、それまでは地面を掘ったり核シェルターのような建築が定説とされていた。曽野正之さんは言う。

「我々も当初は、その方向でアイデアを練っていましたが、途中で放棄したんです。窓もほとんどない閉鎖空間は、人間の住む場所ではないと」

マーズ・アイス・ホーム

現在、NASAと共同研究を進めるマーズ・アイス・ハウスの進化版である「マーズ・アイス・ホーム」。居住部分は、氷との間にある透明断熱レイヤーにより適温に保たれる。©NASA / Clouds AO

リサーチを進めて突き当たったのが、「氷は宇宙線を効率よく遮蔽(しゃへい)し、同時に光を通す」というファクトだった。

「自然光が入り日夜のサイクルを感じるだけでなく、居住者は外の風景を見ることができるようになる。火星は高低差が大きく、ドラマチックな眺めが楽しめる惑星ですから」

マーズ・アイス・ハウスは、非対称の形状になっている。採光を考慮すると同時に、つぼみを連想する形から、建築に動きと象徴性を出すことが狙いだったという。

AVATAR X Lab

大分にANA、JAXAが建設する「AVATAR X Lab」のシンボルビル。©Clouds Architecture Office

「遠出から帰ってきて、火星にある我が家が見えた時、その方角によって異なる表情を出したかった。それにより、家に愛着が生まれます」

クラウズ・アオの設計の中心は、あくまでも“人”なのだ。「住むのは人間ですから、地球と火星の建築を分けては考えません。建築家は、住む人のために家をデザインする。そこは同じです」(ルダケヴィッチ)

実はこのコンペ、NASAとしては初めて、エンジニア以外に開放しての開催だった。宇宙が、デザインの力を求める段階に入ったということだろう。

建築は空中に、そして宇宙に出ていく

クラウズ・アオは、ANAとJAXAが進める「AVATAR X」プログラムの地上実証フィールド「AVATAR X Lab@OITA」のシンボルビルの設計も行っている。隕石孔のような大きな窪みに、ワイヤーで支持された空中建築だ。

「建築物を古代から現代に並べると、近代になって軽量化と高層化が爆発的に進んでいます。その方向性を延長すると、空中に出ていくことになります」

地面から離れることで、災害リスクも軽減できるという。

ヴィーナス・ガーデン・タワー

人間の生存に適した金星の高度50kmの空中都市「ヴィーナス・ガーデン・タワー」。©Clouds Architecture Office

「10年以上前に空中建築を提案した時は、笑われたことも(笑)。でも建築史と防災というふたつの観点から考えると、私たちのなかでは必然の結論でした。宇宙建築の手法を逆輸入し、地球で貢献するという発想です」

同プロジェクトでは、人間の分身となるロボット、宇宙アバターのデザインも行っている。

「最初にアバターの仕様書を渡されたのですが、技術的な機能面だけを規定した内容で、当然のことですが、人とリレイトするという観点はありません。そこに文化的な側面を補い、意味を与えるというのが我々の仕事だと思います」

クラウド・シティ

地球上で災害フリーの建築となる「クラウド・シティ」。建築史と防災というふたつの観点が交差するところに生まれた次世代建築。これがクラウズ・アオの発想の原点。©Clouds Architecture Office

最後に、終の住処はどの星に定めたいかと聞くと、「地球!」というのが3人の答えだった。

「宇宙建築に没頭していると、風が吹く、雨が降るという地球の当たり前が、なんて贅沢なものであるかと気づかされます。地球で生まれた私たちは、やはり地球で生涯を閉じたいですね」(曽野祐子)

何世紀かの後、火星で生まれた子供たちも現れてくることになる。その子供たちは、火星で生涯を終えたいと考えてくれるだろうか。そうなるように、建築家たちは、人間と建築の関係を考え続けている。

 

Clouds Architecture Office

Clouds Architecture Office
2010年に曽野正之さんとオスタップ・ルダケヴィッチさんがニューヨークで設立。徹底したリサーチと多面的なデザインスタディを通じ、最良の解法を導くプロセス重視のアプローチで、住宅・公共施設から宇宙建築までの幅広い設計を行っている。
クラウズ・アオの3人。左から曽野祐子さん、曽野正之さん、オスタップ・ルダケヴィッチさん。ニューヨークのオフィスビルの屋上にて。

ゲーテ11月号は、宇宙の最新事情を網羅した完全保存版!

TEXT=牧野武文

PHOTOGRAPH=GION(最下写真のみ)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる