GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2021.01.24

まるでレコードショップ!? 掘りだしもののアートフォトが見つかる「イエローコーナー」

時代の変化に伴い、アートにまつわる仕事は実に多様化している。業界に一石を投じるベンチャー企業や話題の新興ギャラリー、管理倉庫の舞台裏まで、アートの仕事の最前線に迫った。

イエローコーナー

アートフォトで日常の生活を彩る

パリで2006年に誕生したアートフォトの専門店、イエローコーナー。世界各国に約110店舗展開し、日本では日比谷と横浜に店を構える。

アートフォトとは、写真家の視点で題材を決め、色調、コラージュなど多様な技法で表現された、アートとして楽しむ写真のこと。イエローコーナーでは、シルバーゼラチンプリントで印刷し、それぞれにシリアルナンバーを刻印。ロット数も限定して、アートフォトをコレクティブなアイテムに高めている。

手に取って作品を選べる

店内はレコードショップをイメージした内装で、手に取って作品を選べる。「レコードのように何枚も集めてもらいたいです」

「手頃なものだと1万円ほどで購入できます。部屋にアートを飾る習慣のない日本の方々の、エントリーアートになればと思っています」とアマナグループのイエローコーナージャパン取締役、田中愛子さんは言う。

若手から有名写真家まで、契約する200名以上のアーティストの作品を購入できる。その手軽さと品質のよさで、2年前のオープン時、日比谷店は世界中の店舗で売り上げ1位になった。

「アートフォトは積み重ねて陳列し、レコードショップでお気に入りの作品を見つけるように掘りだしてもらいたいですね」

イエローコーナージャパン取締役 田中愛子さん

「病院や学校など公共空間に飾ってもらい、温かみのある空間づくりを提案したい」と田中さん。

店舗では、写真を飾る高さや、壁に穴をあける方法など、セッティングの基本も伝えるよう心がけているという田中さん。

「前例のないアイデアもどんどん形にするようにしてきました。日本にアートフォトを根付かせるとともに、日本人アーティストが世界で活躍できるよう後押しをしていきたいです」

 

GIRLS DAY

日本人アーティストの作品を海外に売り込むことにも積極的。GIRLS DAY / ARTSHOT

 

JUMBO

この動物モチーフの作品は、売り上げの一部が動物愛護団体に寄付されている。JUMBO / ARTSHOT

 

Policy of イエローコーナー

1.アートになじみの薄い人のエントリーアートにする

2.アートフォトの価値を高めコレクティブなアイテムにする

3.日本人フォトグラファーを世界に輩出する

 

イエローコーナー日比谷店
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3F
TEL:03-6273-3403
営業時間:11:00~21:00
詳細はこちら

TEXT=田中美紗貴(編集部)

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる