MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

GOURMET

2023.02.13

SHIROIYA THE BAR 真茶亭|世界が注目するアート空間で味わう、最高峰のクラシックカクテル

断言しよう。今、自分のレストランリストに入れておくべきはカウンターの店だ。なかでもクリエイティヴなカクテルを提供するバーは絶対に行きつけにしておきたい。通えば通うほどパワーチャージできる、唯一無二のカクテルバーから、今回は群馬・前橋の「SHIROIYA THE BAR 真茶亭」を紹介する。

BAR「真茶亭」の入り口

現代アートの巨匠による空間で、至高の一杯を五感で味わう

群馬・前橋。老舗旅館をリノベーションし、アートホテルとして再生され、世界で注目を集める白井屋ホテル。アートと建築が融合する空間のなかでも異色を放つ、小高い丘の建物にあるのが『真茶亭』だ。

現代美術作家の杉本博司と建築家の榊田倫之(さかきだともゆき)が手がけた空間は、柔らかく光を通す積層ガラスのファサードや水の流れを思わせる木目のスギ材のカウンターなど、素材の美しさが際立つ。

そして、この空間でグラスに細かな光を放ったり、鮮やかなひと筋の液体を流しこんだりと、アートピースのようなカクテルを提供しているのが、世界を舞台に活躍してきたバーテンダーの木村堅(つよし)氏。国内外で多数の受賞歴を誇り、欧州最大級のバーと酒飲料の見本市で「今、最も注目すべきアジアのバー文化の担い手」として紹介された木村氏が、一客一亭の精神をもって挑み、週末に6席だけもてなす。

BAR「真茶亭」のカクテル「CONFESSION(告白)」

ケンゾーエステートの赤ワインにザクロ、カルヴァドスを加えたカクテル「CONFESSION(告白)」¥5,200。光を当てるとグラスの中を輝きが舞う。

BAR「真茶亭」のカクテル「ヒストリカル・ギムレット」

オリジナルジンに高崎のレモンを加えた「ヒストリカル・ギムレット」¥3,600。

この『真茶亭』のために木村氏がそろえたのは、自身が海外でも提供していたクラシックカクテルのアレンジ。素材に上質な銘柄を使うのは、現代における最高のクラシックを生みだしたいという想いからだ。“Revived Classics(リバイブド・クラシック)”をコンセプトに、現代に蘇った一杯は目をひく華やかさや味覚の発見がある。

「100年以上の歴史があるクラシックカクテルは味のバランスが優れています。一方で、現代にはミクソロジーの技術もあれば、各国で生まれているクラフトジンなどのスピリッツ、またかつては手に入らなかったフレッシュな材料などもある。それらをベースに、当時のバーテンダーが実現できなかった最高峰のクラシックカクテルを作ることを目指しています」

BAR「真茶亭」のカクテル「PROMISE(プロミス)」

玉露にソーヴィニヨンブランを合わせた「PROMISE(プロミス)」¥4,400。器は海外時代にも多くのゲストを魅了した無垢材の欅の碗。

BAR「真茶亭」の木村堅氏

凛とした佇まいの木村氏の後ろには杉本博司による揮毫(きごう)がある。

最上のバランスと提供スピードを考え、カクテルは一杯分ずつプレミックスして材料を十分になじませる。山中漆器、西陣織HOSOOのバーマット、石巻工房の木工細工のタオルトレイなど、客人に用意するものは自ら足を運び、生産背景を理解して取り入れる。その姿は茶人が客をもてなす様を見るようだ。

「バーの敷居は低くしなくてもいいと思うんです。その分こちらに来た方にはおひとりおひとり真摯に向き合って、この空間とカクテルによる最上級のおもてなしを体験していただけたらと思っています」

バーが開くのは金・土曜のみ。芸術が感性を開花させるように、カクテルがもたらすインスピレーションを味わってほしい。

BAR「真茶亭」のカウンター

カウンターに客席はわずか6席。

白井屋 ザ・バー 真茶亭/SHIROIYA THE BAR Matcha-tei
住所:群馬県前橋市本町2-2-15 白井屋ホテル1F
TEL:027-231-4618
営業時間:金・土曜19:00〜
定休日:月〜木、日曜
座席数:カウンター6席
料金:カクテル ¥3,000〜、サービスチャージ10%

TEXT=児島麻理子

PHOTOGRAPH=筒井義昭

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる