MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.01.28

まさにスペシャリテな一貫! 四谷の名店、すし匠の「おはぎ」

限界を知らない男、モノ、コト――過剰なモノを愛し続けたゲーテ編集部が贈る特集「最上級事典2023」。妥協を知らないゲーテ流の最上級とは何か。今回は、新宿・四谷の名店、すし匠の「おはぎ」を紹介する。【特集 最上級事典2023】

四谷「すし匠」のおはぎ

日本を代表する寿司職人、中澤圭二氏が1989年に創業した。つまみと握りを織り交ぜながら提供したり赤酢と米酢を巧みに使い分けるなど、この店から生まれた流儀は数多い。

美味しいを締め括る、究極の「おはぎ」

たとえ寿司通であっても、一貫の握りを見てそれがどこの店の寿司なのかを、瞬時に判断することは存外難しい。しかしこの「おはぎ」を見れば、誰もが「すし匠」の名前を思い浮かべることができる。まさにスペシャリテと呼ぶべき一貫だ。

すし匠はつまみと握りを交互にテンポよく提供するおまかせスタイルの嚆矢(こうし)だが、実はこの「おはぎ」、基本的におまかせのなかには入ってこない握りだ。ひと通りのおまかせが出た後に、お好みのタイミングで注文することで、初めて口にすることができる一貫。

「どんなお客様にも満足していただける、うちのお寿司のなかでも絶対的安心感のある一貫。だからこそ、ここぞという時にお出しします。必殺技というものは、たいてい最後に出すものです」と笑うのは、親方の中澤圭二氏から店を任されている、二代目親方の勝又啓太氏。

上質な鮪の中落ちや赤身と皮ぎしなどを、食感が楽しいネギとたくあんと合わせ、まさに「おはぎ」のように酢飯を包む、すし匠発祥の握り。指のあとが付かないように優しく美しく握りながらも、鮪と酢飯を見事に調和させる。「すし匠」の美味しいを締め括る、究極の必殺技だ。

四谷「すし匠」の店構え

すし匠
住所:東京都新宿区四谷1-11 陽臨堂ビル1F
TEL:03-3351-6387
営業時間:11:30〜13:30、18:00〜22:30(月・水・金曜)/18:00〜22:30(火・木・土曜)
定休日:日曜、祝日
座席数:カウンター11席
料金:¥30,000〜

【特集 最上級事典2023】

TEXT=山路力也 EDIT=安福みき(ONE-HALF)

PHOTOGRAPH=細谷聡

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる