MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.03.01

陶酔のフレンチ&イタリアン! 「カジシナジーレストラン」「Noeud.TOKYO」「笠井」――秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹のお墨付き

秋元康小山薫堂中田英寿見城徹の美食を探求する4兄弟の偏愛レストランを大公開するゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」の2021年版からフレンチ&イタリアンの名店をまとめてご紹介。未知の体験をさせてくれる特等席とは──。 ※GOETHE2021年7月号掲載記事を再編

カジシナジーレストラン|佐賀・御船山楽園の四季を感じるイタリアン

Kaji synergy restaurant

ふた皿目の前菜は辛味大根の鬼おろしや揚げネギ、刻みネギをのせた「ヒラマサのタルタル」。山椒とネギのソースで味わう(料理はすべて¥13,200のコースの一例)。

「料理・ワイン・サービス・ロケーションの相乗効果(シナジー)を感じてほしい」というオーナーシェフ&ソムリエの梶原大輔氏が、2018年10月にオープン。佐賀県産の新鮮な食材を生かしたイタリアンが評判。

 このレストランは話題のTSUTAYAの図書館がある佐賀の武雄にあります。

 人気宿『竹林亭』の近くですか?

 同じ敷地内です。江戸時代から続く庭園、御船山楽園の園内にあるんですよ。

記事の続きはこちら

カジシナジーレストラン
住所:佐賀県武雄市武雄町4239-1
TEL:0954-38-9007
営業時間:11:30~L.O.14:00/18:00~L.O.20:00
休業日:月曜、第3日曜、不定休
座席数:テーブル40席、テラス席1卓(2~6名、4~10月のみ営業)
料金:コース¥5,500~
詳細はこちら

Noeud.TOKYO|食後感が軽やかな永田町のオールサステナブルフレンチ

Noeud.TOKYO

八幡平の清流で育てられたサーモンをスモーキーなシングルモルト、ラフロイグでマリネ(料理はすべて¥14,300のコースの一例)。

“Noeud”は、フランス語で結び目という意味。自然環境、土や種、生産者、そして人々の健康などといったさまざまな生態系や、循環の上に成り立っている食の営みをつないでいくというテーマを空間、食材、皿の上すべてで表現している。

 ここは“サステナビリティ”の本質を体感できるフレンチです。食に関してのアプローチが哲学的なんだよ。

 僕も行きました。フレンチですけど食後感はかなり軽やか。

 フォアグラとかキャビアなどの輸入食材は使わない。ヘビーな会食が続いた時、ヘルシーになりたい時にお薦めです。

記事の続きはこちら

ヌー トーキョー
住所:東京都千代田区平河町2-5-7 ヒルクレスト平河町B1
TEL:03-6910-0233
営業時間:17:00~22:00
休業日:日曜、月曜
座席数:16席、個室1室(4~6名)
料金:コース¥14,300~
詳細はこちら

笠井|ワインペアリングをしても1万8千円。都立大の気取らず美味しいイタリアン

笠井

「手打ちブシャーティのトマトソースブラータチーズのせ」。(料理はすべて¥11,000のコースの一例)。

都立大学の駅から歩いて15分。住宅街に2019年12月にオープンしたイタリアン。オーナーシェフの笠井篤氏は『アロマクラシコ』を経て北イタリアで修業し、『TACUBO』で腕を磨いた経歴の持ち主。日替わりのおまかせコースは全8品。旬の食材を生かした手打ちパスタや、炭火でじっくり焼く肉料理が好評。

 僕、シェフがひとりでやっている店が好きなんですよね。スタッフがいるとシェフは彼らを指揮して料理を手伝わせる立場になりますけど、シェフがひとりでやっている店の料理は100%シェフが作っているので、シェフの想いが伝わってくる気がするんです。友人がもてなしてくれるような、一対一の感覚を味わえるというか。そういう意味で、ここはシェフがひとりでやっているからこそのよさがあるイタリアンです。

記事の続きはこちら

カサイ
住所:東京都目黒区八雲3-6-22 1F
TEL:03-6421-3517
営業時間:土曜・日曜12:00~L.O.13:00(予約制)/17:00~L.O.23:00
休業日:水曜、不定休
座席数:カウンター9席
料金:コース¥11,000
詳細はこちら

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる