MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2021.12.26

年末年始に飲みたい! 識者が思わず唸る“ツウ”なワイン5撰【1万円以下のピノ編】

小康状態になったとはいえ、まだまだ油断ならない新型コロナウイルス。自宅でゆったり過ごす人もいれば、ホームパーティに赴く人もいるはず。そんな時にぜひお供にしたいワインを、レアモノや高級銘柄など、一流の味を知るワインジャーナリスト・柳忠之氏が厳選! 今旬のテーマ別にセレクトしたワインを3日間にわたりお届けする。今回は【1万円以下のピノ編】。

ワイン03

ブルゴーニュ党も納得の1万円以下ピノ・ノワール

GOETHE本誌ワイン特集でも明らかなように、ワイン通の行き着く先はブルゴーニュ。しか~し、世界中のお金持ちがブルゴーニュワインに目覚めた結果、その高騰ぶりに歯止めがかからない。でも心配ご無用。世界にはこんなに素晴らしくお値打ちのピノ・ノワールがあるのだ。

①ヴァリ ワイタキ ピノ・ノワール 2012

ヴァリ

¥8,250(ラック・コーポレーション TEL:03-3586-7501)

ニュージーランドでは珍しい石灰質土壌
ニューワールドにおけるピノ・ノワールの銘醸地として最も注目を集める国はニュージーランド。なかでもノース・オタゴのワイタキは最も冷涼でブルゴーニュ地方と同じ石灰質土壌。伸びのある酸となめらかなテクスチャーのワインが生み出される。ヴァリは敏腕ワインメーカーのグラント・テイラーが、2006年に立ち上げたワイナリーだ。

②ストーム・ワインズ リッジ・ピノ・ノワール 2018

ストーム

¥6,930(ラフィネ TEL:03-5779-0127)


南アフリカのニューウェーヴ

アパルトヘイト撤廃後の’90年代後半からワインの質が大きく向上した南アフリカ。今またこの国に大きな波が押し寄せている。南アの中でもピノ・ノワールの産地として名高いエリアが、冷たいベンゲラ海流の影響を受けるウォーカー・ベイ。このワイン、ブラインド(目隠し)試飲しようものなら、ソムリエでさえもブルゴーニュと間違える。

③フリーマン ピノ・ノワール ソノマ・コースト 2017

¥8,470(ワイン・イン・スタイル TEL:03-5413-8831)

日本人女性醸造家のセイヴァリーなピノ
日本人女性醸造家のアキコ・フリーマンが、カリフォルニアのソノマ・コーストで造るピノ・ノワール。ソノマ・コーストは同地におけるピノ・ノワールの銘醸地とされているが、その範囲は広く、より涼しい沿岸エリアを新たにウエスト・ソノマ・コーストと呼ぶべく運動中。セイヴァリー(滋味深い)という表現がぴったりのおいしさ。

④レゾナンス ウィラメット・ヴァレー ピノ・ノワール 2016

レゾナス

¥6,380(日本リカー TEL:03-5643-9770)

ブルゴーニュの大御所がオレゴンに
カリフォルニアの北にあるオレゴン州のウィラメット・ヴァレーに、デヴィッド・レットが初めてピノ・ノワールを植えたのは1966年。うまく行くわけないという周囲の疑念も完全に払拭され、今やピノ・ノワールの銘醸地だ。レゾナンスはブルゴーニュの大御所ルイ・ジャド社が設立したワイナリー。やはりフレンチテイスト。

⑤フォン・ウィニング ピノ・ノワール ロワイヤル 2016

¥4,565(モトックス TEL:0120-344101)

もう薄くて酸っぱいなんて言わせない
薄くて酸っぱいピノ・ノワールも今は昔。地球温暖化の影響で、ドイツ南部のバーデンやファルツでも高品質なピノ・ノワールが続々生まれている。フォン・ウィニングのこのワインは、「本当にドイツ?」と疑うほどの凝縮感。ドイツ語のシェペートブルグンダーではなく、あえてピノ・ノワールと謳うところに自信が見て取れる。

Tadayuki Yanagi
GOETHE本誌でもお馴染みのワインジャーナリスト。1000円未満のデイリーワインから、100万円以上のグランヴァンまでを網羅する。先日、モエ・エ・シャンドンに招かれ渡仏。1921年までの18ヴィンテージを試飲し「100年前のモエは身悶えするほど美味しかった」のだとか。

【SDGs/ノンアルコール編】
【セレブ/熟成古酒編】

TEXT=柳 忠之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる