GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.06.19

エビデフ|北品川のエビフライ専門店! 秋元 康が唸る30㎝の丸揚げの海老

毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」。今回も秋元 康さん、小山薫堂さん、中田英寿さん、見城 徹の食を愛する4兄弟が集結、ここ1年のお薦めのレストラン(全52店)を教えてもらった。36店目は、ありそうでなかったエビフライ専門店。テーブルに運ばれてくると歓声があがるほどインパクトは抜群だ。

エビデフ

「絶品エビフライを食すためだけに、僕は北品川へ行く」

生涯、揚げ物好きを宣言する秋元さん。とんかつ、から揚げを語ると饒舌になるが、時々、無性にエビフライが恋しくなる時があるという。

「ありそうでなかったエビフライの専門店の存在を知った時は、そう来たかと大感動。見城さんに“いつ行くの?”って聞かれたけど、それは“今夜はエビフライを食べるぞ”と直感的に思った時だと答えました(笑)」という秋元さん。

そのエビフライ愛を満たしたのは『Ab・de・F(エビデフ)』のビッグリトルジョン(皇帝海老)と伊勢海老。

約30cmの海老は圧巻のボリューム。

約30cmの海老は圧巻のボリューム。ビッグリトルジョン¥3,400、伊勢海老(250g~)¥5,500~。

20以上もの海老のなかからフライに最適な品種を厳選。綿実油とラードをブレンドした油で丸ごと揚げられる海老は見た目もさることながら味のインパクトも絶大だ。

レモンと自家製タルタル、甘みのあるソースで食べるエビフライは揚げ物好きでなくとも唸る美味しさ。

最後は海老の旨みエキスが溶けだしたスープが美味な海老そばで〆るのが秋元流だ。

「テーブルに運ばれてくると歓声があがるほどのサイズ感で、それを夢中で食べるから当分、エビフライはいいかなぁって満足するんだけど、しばらくすると、あのエビフライが食べたい!という思いに駆られるんです。一度行けば、見城さんもこの気持ちがわかるはず(笑)」

「特製海老そば」

「特製海老そば」¥800(ハーフ¥500)。海老好き、炭水化物好きなら必ず注文すべき〆。

Ab・de・F
住所:東京都品川区北品川1-22-15 関根ビル1F
TEL:03-6712-0837
営業時間:11:30~L.O.13:30/17:30~L.O.20:30
休業日:水曜
座席数:25席、個室1室(2~10名)
www.abdef-prawn.tokyo/

※現在、レストランの営業時間、休業日など記載の情報と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗へご確認ください。

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=大谷次郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる