GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.08.16

豪快な丸鶏をお祭り気分で楽しむ『セラフェ』

意外かもしれないが、日本人の消費量がもっとも多い食肉は、鶏。その量は牛肉の倍にもなるという。ここでは見た目も豪快な丸鶏を提供する、今年5月に誕生したレストラン。

【画像】セラフェ

肉焼きの名手が仕掛ける次なる一手

気の置けない相手との接待ならば、店選びで重視すべきは”体感”。美味しさや楽しさを共有することで、その関係性は、より親密なものとなる。

今年 5 月、目黒にオープンした『セラフェ』はワイン’セラー”と仏語でお祭りを意味する”fête”を合わせた店名どおり、ワインを飲みながら賑やかに盛り上がれるレストランだ。

ここで腕を揮うのは、姉妹店の『ル・セヴェロ』でエグゼクティブシェフも務める齊田 武氏。仏産牛を中心に扱う

『ル・セヴェロ』に対し、ここでは鶏や魚介を使った料理も提供。なかでも近火の強火で仕上げる青森シャモロックのロティは、しなやかな身を覆う豊かな旨みとさらりとした脂が持ち味。

3〜4人で1羽をシェアすれば高揚感と一体感が生まれるのは言わずもがなだ。お祭り気分で楽しめる丸鶏の強烈な美味しさに思わず気分も舞い上がる。

【画像】セラフェ

気取りのないカジュアル空間。ふらりと立ち寄れるスタンディングスペースも。

Cellar fête
TEL:03-6420-0270
住所:東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒B1
営業時間: 18:00~L.O.22:30、日曜11:30~L.O.17:00
休み:月曜、第 1・3火曜
席:カウンター6席、テーブル14席、半個室2室(4名用)
料理:コース¥6,000〜

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=富澤 元

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる