GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2018.05.19

接待からデートまで対応するレストラン『タワーズ』

東京を代表するラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン 東京」のダイニングが新たにリニューアル。シェフ渾身の新作料理とともにその内容をご紹介!

【画像】タワーズ

東洋と西洋の融合をテーマに新たなるステージへ

【画像】タワーズ

東洋と西洋の融合(East meets West)をテーマにしたコンテンポラリーな空間。

ダイナミックな眺望が生みだす非日常的な雰囲気はラグジュアリーホテルならでは。接待、デートとオールマイティに活躍する「ザ・リッツ・カールトン 東京」の3つのダイニングが、この春、新たなスタートをきった。

〝東洋と西洋の融合〞をテーマにしたインテリアや色調でまとめられた空間は、モダンで都会的な雰囲気。なかでも東京タワーと東京スカイツリーを一望できる『タワーズ』は、モダンビストロからコンテンポラリーグリルを堪能できるレストランへと進化。フランスの星つきで腕を磨いた料理長が考案したメニューも新たに加わった。

和の食材を組み合わせた現代的なプレゼンテーションで魅せる料理もあれば、パイ包み焼きといったトラディショナルなひと皿も。煌めく夜景とともに美味美酒を堪能すれば〝東京の今〞を感じることができる。

【画像】タワーズ

スモークサーモン、胡瓜、塩昆布。和の食材がアクセントになっている(¥12,000のおまかせコースより)。

【画像】タワーズ

北海道産 帆立貝、アスパラガス、海苔バターソース。低温で火を入れた帆立は生海苔や帆立のジュを合わせたバターソースとともにいただく(¥12,000のおまかせコースより)。

【画像】タワーズ

トラディショナルなパイ包み¥6,500( 1 個)。『タワーズ』の新メニュー。パイ生地の中には京都産の鴨肉と名古屋コーチンのミンチ、フォアグラがたっぷり。(内容は季節で変わる)

Towers
TEL:03-6434-8711(レストラン予約。10:00~21:00)
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ザ・リッツ・カールトン東京45F 
営業時間:11:30~L.O.14:30、17:30~L.O.22:00
休み:無休
席:68席
料金:ランチコース¥3,300~、ディナーコース¥6,800~ほか

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる