MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

WATCH PR

2024.06.26

ロジェ・デュブイ、最高級スイス時計の証「ジュネーブ・シール」を取得した新作トゥールビヨンとは

独創的かつ圧巻の造形美を持つロジェ・デュブイ。だが、その根底にあるのは徹底的な品質主義だ。伝統的な時計技法にこだわり、手仕事を尊ぶ姿勢こそ、スイス高級時計の世界で瞬く間にその地位を確立できた理由なのである。

ロジェ・デュブイ「エクスカリバー チタン モノ トゥールビヨン」

美しい調和で結実する、デザインとメカニズム

華やかな印象のロジェ・デュブイ。だが、それだけでこのブランドをわかったつもりになってはいけない。同社が創業したのは1995年。美的センスに優れた実業家のカルロス・ディアス氏が、複雑機構の開発で名を馳せていた時計師、ロジェ・デュブイ氏をパートナーに迎えて時計製造をスタートさせた。

すぐに実力あるラグジュアリーブランドのみが参加を許されるジュネーブ・サロンにて展示を行い、1998年にはブランド名を「ロジェ・デュブイ」へと改めて、同サロンに独自ブースを構えるまでになる。

新興勢力に手厳しい時計業界の老舗ブランドやジャーナリストたちも、ロジェ・デュブイを好意的に迎え入れた。それは果たしてなぜか?

それは徹底的な品質主義を貫いてきたからに他ならない。機構とデザインの一体化を目指した自社ムーブメントへのこだわり。美しいデザインとメカニズムを調和させることで、大胆かつエレガントな時計をいくつも生みだしてきた。

しかも初代モデルから一貫して、ジュネーブに伝わる時計技術を継承することの証「ジュネーブ・シール」を取得。つまり、新進ブランドでありながら、歴史に敬意を払い、時計づくりをする姿勢が高く評価されているのだ。

なかでもロジェ・デュブイの時計は、トゥールビヨンに並々ならぬ情熱を傾けている。精密なメカニズムを美しく、大胆に表現するために常に機構やデザイン、構造などに挑戦し続けているのだ。

新作の「エクスカリバー チタン モノ トゥールビヨン」は星形シグネチャーを持つスケルトンウォッチだが、「ジュネーブ・シール」取得はもちろん、細部まで丁寧な仕事が施されている。大胆なデザインに宿るのは、品質に対する実直な誠実さ。その不思議な二面性こそがロジェ・デュブイの魅力である。

エクスカリバー チタン モノ トゥールビヨン

「Less is more」の哲学から生みだされた新作ウォッチ。シングルトゥールビヨンは、下からのみキャリッジを支えるフライング式。チタン素材をこれだけ立体的に仕上げることができる技術力の高さも驚きである。アストラル(星)型シグネチャのシャープな造形美を楽しみたい。世界限定28本。

ロジェ・デュブイ「エクスカリバー チタン モノ トゥールビヨン」
手巻き、Tiケース、径42mm。¥21,175,000

エクスカリバー スパイダー フライバック クロノグラフ

スーパーカーからインスピレーションを受けたクロノグラフ。カレンダーや積算計はスピードメーターや燃料計をイメージし、6時位置にはクロノグラフ機構を動かすためのコラムホイールが見える。重層的なデザインだが、もちろん「ジュネーブ・シール」を取得している。

ロジェ・デュブイ「エクスカリバー スパイダー フライバック クロノグラフ」
自動巻き、C-SMCケース、径45mm。¥14,300,000

Boutique

ロジェ・デュブイ 銀座ブティック
ロジェ・デュブイ 銀座ブティック
東京都中央区銀座6-7-19
TEL:03-5537-5317
ロジェ・デュブイ 大丸心斎橋店ブティック
ロジェ・デュブイ 大丸心斎橋店ブティック
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
TEL:06-6271-1231
ロジェ・デュブイ 岩田屋本店ブティック
ロジェ・デュブイ 岩田屋本店ブティック
福岡県福岡市中央区天神2-5-35 岩田屋本店 新館4階
TEL:092-791-5800

問い合わせ
ロジェ・デュブイ 銀座ブティック TEL:03-5537-5317

TEXT=篠田哲生 EDIT=ダニエル利樹(C3EC-CREATIONS)

PHOTOGRAPH=岡村昌宏(CROSSOVER)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる