MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.10.29

人気のIWC「マーク ⅩII」、希少な日本限定モデル

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第21回は、「アフタ」の店主・牧野弘生氏がセレクトしたIWC「マーク ⅩII」 の日本限定モデルを取り上げる。

IWC
「マーク ⅩII」 の日本限定モデル

“ポストヴィンテージウォッチ”の魅力

“オールドインター”と時計愛好家で呼ばれるIWCのヴィンテージウォッチ。耐磁時計「インヂュニア」を始め、36mm径の軍用パイロットウォッチ「マーク ⅩI」などの人気時計が多数ある。

1994年のバーゼルワールドで発表された「マーク ⅩII」は、「マーク ⅩI」が軍に納入(一部例外もある)していたことに対して、こちらは完全に民生用のモデルとして開発されている。

IWC 「マーク ⅩII」 の日本限定モデル
IWC マーク Ⅻ
Ref.3241(1993年製造)、自動巻き(Cal.884)、ステンレススチールケース、径36mm、¥1,380,000

細かなディテール含め、「マーク ⅩI」を彷彿させる質実剛健なデザイン。ムーブメントに関しては自社製の手巻きムーブメントCal.89から、ジャガー・ルクルト製の自動巻きムーブメントCal.884へと変更されている。ケース径が36mmであることも1990年代らしい。

このモデルはバーゼルワールドの発表よりもいち早く、1993年から日本の市場で限定発売された逸品。限定モデルの特徴に挙がるのが、文字盤の6時位置にブランドネームと同じ明朝体で「AUTOMATIC」と表記されている点である。

IWC 「マーク ⅩII」 の日本限定モデル
12時位置の「AUTOMATIC」の表記は日本限定モデルであることも証明する。レギュラーモデルの場合は、「AUTOMATIC」以外にモデル名の表記が入る。

IWCに限らず、高級時計の世界で日本限定モデルが展開されていたのは、当時の市場が大きく関係している。1980年代から機械式時計の復権を掲げたスイスにとって、日本は世界第2位のマーケットであり、無視できない存在だった。それゆえ、販売側の意見が非常に通りやすかったと聞いている。

まだヴィンテージと呼ぶには若い1990年代の“ポストヴィンテージウォッチ”と呼ばれる機械式時計は、スイスおよび日本にとって、変動の時代であったことを語りかける。このほかにも面白いプロダクトが眠っているのでチェックしてみてはいかがだろうか。

問い合わせ
アフタ http://after.llc/

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=江藤義典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる