MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

WATCH

2023.04.12

ロレックス デイトナ誕生60周年記念! プラチナモデルの最新作

連載「意欲的新作ウォッチ」の第147回は、ロレックスの「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」を取り上げる。

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」

©Rolex/Alain Costa

ジュネーブ2023で発表された、ロレックス「コスモグラフ デイトナ」プラチナモデル

1963年に発表された「コスモグラフ デイトナ」は、ロレックスが誇るプロフェッショナルモデルの代表作であると同時に、世界で最も有名なクロノグラフのひとつとして絶大な人気を集めている。

誕生から60周年を迎えた2023年、ロレックスは「ウォッチズ & ワンダーズ ジュネーブ 2023」で待望の新作を発表し、早くも大きな反響を呼んでいる。コスモグラフ デイトナの新作から950プラチナモデルを例にアップデートの全容を解説する。

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」

オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ
自動巻き、Ptケース、径40mm。¥9,253,200(予価・今秋発売予定)
©Rolex

アメリカ・フロリダ州にある「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」の名を関したモデル名からも察しがつくように、「コスモグラフ デイトナ」はプロのレーシングドライバーのニーズに応えるために開発されたモデルであり、その歴史を振り返ると、いつの時代も常に機能の向上を目指し、仕様を見直しながら進化してきたことがよく分かる。

ステンレススチールを筆頭に、18ctゴールドなどの貴金属ケース、ハイジュエリーモデルまで揃う「コスモグラフ デイトナ」のコレクション。その最上位に立つプラチナモデルは、「コスモグラフ デイトナ」の50周年にあたる2013年からラインナップに加わった。それ以来となる2023年の新作は、結果として期待を裏切らない内容を披露した。

すでにプラチナモデルのシグネチャーとして認知されているアイスブルーダイヤル、チェスナットブラウンのセラミック製モノブロック セラクロムベゼルのパーツをそのままに、ダイヤルのグラフィックやオイスターケースを微調整することで新しいスタンリングを完成させる姿勢はいかにもロレックスらしい。

ハイライトを飾るのは、ロレックスの自社開発・製造による新しいクロノグラフ専用ムーブメントCal.4131にある。

Cal.4131は、ロレックスが特許を取得したクロナジー エスケープメント、ブリッジに見られるロレックス コート・ド・ジュネーブモチーフの装飾などに加え、開口部のあるローターを採用することで新たな境地を切り開いた。プラチナモデルにのみ、18ctイエロゴールド製ローター、トランスパレントケースバックが導入されたことも話題になっている。

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」

コスモグラフ デイトナのプラチナモデルだけに搭載される18ctイエロゴールド製ローター仕様のCal.4131。
©Rolex/Ulysse Fréchelin

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」

オイスターコレクション初のトランスパレントケースバック。前作と同様、オイスターケースはロレックスが独自開発した三重防水システムであるトリプルロックリューズによって、水深100m(330フィート)までの防水性能を保証する。
©Rolex/Alain Costa

華やかなモータースポーツの世界観を的確に表現した「コスモグラフ デイトナ」のプラチナモデルの最新作は、記念碑的な1本としてロレックスの歴史にその名を刻むに違いない。

問い合わせ
日本ロレックス TEL:0120-929-570

■連載「意欲的新作ウォッチ」とは……
2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを改めて感じて欲しい。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる