MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.10.23

デザイン史に名を刻む傑作LIP「マッハ2000」の希少な機械式モデルを発見!

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第9回は、LIPの傑作として名高い「マッハ2000」を紹介する。

LIP

傑作手巻きムーブメントを搭載する「マッハ2000」のオリジナルバージョン

1969年にセイコーのクォーツ式腕時計「アストロン」の登場により、’70年代の時計業界は混迷の時代に突入するのだが、その一方でユニークなデザインが数多く生まれている。

フランスの老舗時計ブランドLIPが’73年に発売した「マッハ2000」は、名高いヨーロッパ特急「TGV」の車両デザインなどを手掛けたフランスを代表するインダストリアルデザイナーであるロジェ・タロンによる作品。ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに収蔵されており、アラン・シルベスタインをはじめ、後続のデザイナーに多大な影響を与えた。

LIP

LIP マッハ2000
Ref.613390(1970年代製造)、手巻き(Cal.R834)、SSケース(ブラック)、縦45mm☓横40mm。¥382,800

ひと目でそれと分かる左右非対称のデザイン、右側に取り付けられた球体のボタン、薄手のラバーストラップなどは、人間工学や流体力学に基づくもので、目を楽しませてくれることはもちろん、優れた実用性を備えている。これらはすべて、「2000年になっても色褪せないデザイン」というデザインコンセプトに準拠している。

LIP

1983年に発売されたジウジアーロ・デザインがデザインしたセイコー「スピードマスター」(写真左)と同じように、「マッハ2000」のスタイリングには既成概念を打破しようとする姿勢が見受けられる。

現在販売されている復刻モデルではロンダ社製のクォーツムーブメントを使用しているが、’70年代当時のオリジナルはバルジュー社の手巻きムーブメントCal.7734をベースにしたCal.R873を搭載した機械式時計であり、ヴィンテージウォッチの市場で探すことができる。

LIP

ベースムーブメントのバルジュー社のCal.7734は、ヴィーナス社のCal.188の系譜を受け継ぐクロノグラフ専用ムーブメントであり、数々のブランドに採用された実績を持つ。

復刻モデルとのもうひとつの大きな違いは、3つのボタンがイエロー、ブルー、レッドの3色ではなく、ブラックで統一されている点にある。この個体に関しては、未使用のラバーストラップが付属されていることも特筆に値する。劣化しやすいパーツであることからも完璧な状態で保存されているケースは非常に稀である。

指し色のイエローが映えるフルオリジナルの「マッハ2000」の希少性はかなり高い。良質な個体との出合いは喜びや感動をもたらしてくれるだろう。

問い合わせ
江口洋品店・江口時計店 TEL:0422-27-2900

 

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは……
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=江藤義典

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる