MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2021.05.19

パテック フィリップ「カラトラバ」からドレスウォッチの大本命が現る!

2021年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる”活きのいい”モデルを厳選! 連載第60回は、パテック フィリップの「カラトラバ」の最新作を紹介する。

次世代を担う新たなカラトラバ・スタイルとは?

「ノーチラス」の衝撃的なニュースとともに、ウォッチズ&ワンダーズ 2021の話題を席巻したパテック フィリップ。ブランドの代表作である「カラトラバ」からも待望の新作が登場した。

「カラトラバ」の伝説は1932年のRef.96からはじまった。「機能がフォルムを決定する」というバウハウス運動のミニマリズムの原則を反映して設計されたわずか30mm径ほどの小ぶりのラウンドウォッチは、”あらゆる腕時計の模範”と言われるほどの評価を受けている。

「カラトラバ」の歴史において、1934年のRef.96Dはベゼルにギヨシェ装飾によるクルー・ド・パリ(ホブネイル・パターン)を施した特異なスタイルが絶大な支持を集め、その系譜を受け継ぐ数多くの派生モデルが登場している。

2009年のRef.5116を最後にレア・ハンドクラフト・モデルを除き「カラトラバ」では久しくクルー・ド・パリの採用が見られなったが、Ref.6119の登場によって待望の復活を遂げた。

ニューノーマル時代に見合うモダンな佇まいのドレスウォッチ。

スリムな39mm径のラウンドケースには、今年新たに加わった最新の手巻き式ムーブメントCal.30-255 PSが搭載。ラグの形状は過去のカラトラバ・スタイルを参考に、快適な装着感を約束する美しいカーブを描いている。

厚さ8.1mmの薄型のケースは独特のエレガンスを薫らせる。

視認性に優れたスモールセコンド仕様の文字盤には、ファセット仕上げの18Kゴールドの植字オビュ(弾丸)型インデックス、ドフィーヌ型時・分針などのRef.96を彷彿させるディテールが随所で見受けられる。それでいて懐古主義とは明らかに趣の異なるモダンな印象にまとめているのが、いかにもパテック フィリップらしい。

きめ細やかな文字盤の仕上げも注目に値する。

Ref.6119には、2つのバリエーションがある。そのひとつは、ローズゴールドケースとグレイン仕上げのシルバー文字盤の組み合わせによるクラシックなスタイル。もう一方のホワイトゴールドケースでは、縦サテン仕上げと同心円模様のサブダイヤルを合わせ持つチャコールグレーの文字盤を取り入れている。

ニュースタンダードを体現した新しいカラトラバ・スタイル。手巻き、18KRGケース、径39mm。¥‪‪3,399,000 ‬‬(税込)

モダンなデザインが引き立つシックな文字盤が新鮮。手巻き、18KWGケース、径39mm。¥‪‪3,399,000 ‬‬(税込)

フォーマルのみらず、カジュアルアップの心強い味方にもなる、パテック フィリップの新しいドレスウォッチの名を覚えておいて損はない。

問い合わせ
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる