MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.11.18

【西野亮廣】「資産」になるのは「定番作品」で、「流行の作品」は流行りで終わる

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。(こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです)

今日は『居座る場所を決める』というテーマでお届けしたいと思います。
自分の気持ちを再確認して、皆さんに共有する回です。

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第69回 「定番」というものは、時代を把握しつつも、“その場”に意地で居座った人にしか受け取れない!

西野亮廣

『Michael Jackson ONE』が最高だった

毎晩ショーを観に行っては、終演後にYakoさん(ミュージカル『えんとつ町のプペル』のパーカッションの先生)と酒場に流れ、「あの演出は○○だったねー」「あのネタ、結構使えるねー」「私だったら、あそこは△△にするかなー」という激論を交わしているラスベガス合宿。
得るものが多い毎日を過ごしています。

ちょっと余談ですが、一昨日観に行った『M J1(Michael Jackson ONE)』が最高でした。
ブロードウェイでやっている『M J』は往年ナンバーがひたすら流れるし、マイケルのモノマネがやたら上手いし…で、マイケル・ジャクソンファンにはたまらない内容だと思うのですが、そこまでファンではない僕には少しストイックだったかも。

それにくらべて、ラスベガスの『M J1』はファン度の低い僕でも十分に楽しめる内容になっていて(※「スリラー」の曲でトランポリンをポヨンポヨンさせていたのは曲に合っていなかったけど)、「やっぱ、エンタメはこうでなくっちゃっ!」とニヤニヤしてしまいました。
途中、鼓笛隊が出てきて、太鼓をパコポコと叩いたり、お月様に乗って歌うシンガーさんが出てきたのですが、「生音」じゃなかったんです。

鼓笛隊は客席の隣を通るので(近くで観れちゃうので)「生音」じゃないことへの違和感が大きかったのですが、ショーの後半にマイケルがホログラムでステージに出てきて、歌うシーンがあるんですね。
ホログラムだし、当然、録音された曲が流れるわけですが、ステージ上に(ホログラムの)マイケルが出てきた時にお客さんが「待ってましたっ!」と沸いたんです。
あそこをショーの「サビ」とした場合、それまで「生音」で、ホログラムのマイケルが「録音」だと、トーンダウンしてしまうので、「ホログラムのマイケルを生かす為に(お客さんの感情曲線を右肩上がりにする為に)全編録音にしたのでは?」というのが僕の見解です。
そう考えると『M J1』の全てに説明がついて、「録音多め」「映像多め」のショーでしたが、最高に楽しめました。

それにつけても、マイケル・ジャクソンよ。
ブロードウェイでも、ラスベガスでも、マイケル・ジャクソンが大人気。
この世を去ってから13年も経つというのに、今日も劇場は満席です。
スリラーのイントロが流れればお客さんは沸き、『靴』(※ラジコン)が出てきて、「ムーンウォーク」をすれば、お客さんは沸いています。

そういえば、ミュージカル『えんとつ町のプペル』のリーディング公演(ニューヨーク)の打ち上げで、皆で『えんとつ町のプペル』を歌った後、そのままの流れでオアシスの『Don't Look Back in Anger』を歌ったのですが、皆、曲も歌詞もなんとなく覚えていて、そこでまた一つになったんですね。
あの夜、ニューヨークのプペルチームを沸かせたのは、かれこれ27年前にリリースされた曲だったのです。

『好き』を見つけて居座る

いつだって「資産」になるのは「定番作品」で、「流行の作品」は流行りで終わります。

ただ、のちに「定番作品」と呼ばれるものでも、その当時は流行っていたわけで、見分けるのが非常に難しい。

この問題に関しては、いつだったかタモリさんから頂いた「西野。時代の針は時計のように必ず回ってくるから、追っちゃダメだ。針が回ってきた時に一番上にいれるように、その場にいて、その場で結果を出せ」という言葉が全て説明してくれているような気がします。

『映画 えんとつ町のプペル』を作っている時は、『君の名は。』が大ヒットしていて、似たような作品(学生服&実写のようなアニメ&逆光)がたくさん出ていたんです。
世間の好みもそっちに流れたし、それによって(『君の名は。』のような)企画も通りやすかったのだと思います。
だけど(『君の名は。』も好きだけど)、僕が好きなのは、最初から最後までファンタジーで、「見たこともない世界で、モンスター達が走り回っている冒険活劇」です。
「相変わらず流行らねえことやってんな(笑)」と言いながら作っていましたが、でも、そんな世界が好きだったんです。今、その瞬間に世間のニーズなんて無くても。

結局、『定番』というものは「時代の針の位置は把握しつつ、しかし、その場に(意地で)居座った人間」しか受け取れないことを、この数年で知りました。

よく、学生さんから「自分が何が好きか分からない」というウンコみたいな相談を受けます。
そんなの当たり前の話で、この人生は「自分が何が好きなのかを探す旅」で、何が好きで、何が嫌いかを知るには、たくさんたくさん見なきゃいけません。
それを100回、1000回繰り返すうちに「好き」の解像度が上がる。

情報を仕入れないことには感情なんて生まれません。
流行りを追ったところで、費やした時間は資産にならないのだから(自転車操業から抜け出せないのだから)、「自分が何が好きで、自分がどこに居座るか?」を探し、覚悟することが大切なんだなぁと再確認しているラスベガスです。

居座る場所を決めたら、あと必要なのは「意地」と「根性」と「食いつないでいけるだけの知恵」と「多少の癒着」です。

日本の爺さん婆さん達が暴露や論破や芸能ゴシップに励んでいる裏で、ラスベガスでは来月から、また新しいショーが始まります。
10年に一度あるかないかの大作です。
ここに真正面から挑んで力でねじ伏せるのが僕の人生だし、そもそも、この世界を知らないまま自分の「好き・嫌い」を論じるなんて千年早い。

見なきゃ始まらないし、覚悟も決められない。
またお小遣いを貯めて、時間を見つけて、観に来ようっと。
現場からは以上です。

 

お知らせ! ミュージカル『えんとつ町のプペル』大阪上演 配信チケット好評販売中!

公演は2022年12月3日から15日。

 

お知らせ! キングコング西野亮廣がデザイン監修を手がけたゴミNFTコレクション『Poubelle』をOpen Seaで販売中

DAOコミュニティ「CHIMNEY TOWN DAO」より、週に1体ずつ描きおろしの1点物のゴミのNFTコレクション「Poubelle」を、オークション形式で販売しています。
『Poubelle』(フランス語で「ゴミ箱」の意)は、そのへんに落ちてるゴミをモンスター化してみたNFTコレクションです。

NFTコレクション「Poubelle」

 

お知らせ! プペル歌舞伎の写真(額装済み&保証書付き)の新作『父と息子』(限定20点)が出ました

追加生産はしない作品なので、興味がある方は是非。
【限定20枚】プペル歌舞伎『親子』

新作『父と息子』

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
12月4日(日)に福岡、
12月23日(金)に愛媛で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる