MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.10.25

中田英寿が試飲を依頼! 予約困難なイタリアン店主が考える美味しいものの共通点

日本茶を世界へ。その実現に向けて中田英寿が試飲を依頼したのは、世界一の美食都市・東京のレストランシーンを率いる料理人たちだった。果たして、HANAAHU TEA(ハナアウ ティー)が世界と戦える勝算はあるのだろうか。東京・恵比寿の予約困難なイタリアン「ペレグリーノ」の店主・高橋隼人氏に訊いた。

高橋隼人

Hayato Takahashi
1978年新潟県生まれ。29歳で渡伊し、エミリア=ロマーニャ州パルマのリストランテで修業。帰国後2009年に西麻布で「ペレグリーノ」を開業し、本場の郷土料理が評判を呼ぶ。’15年、恵比寿へ移転。席数を6席に絞り、調理もサービスもひとりで行っている。

新たな味覚の扉を開く、ティーペアリング

予約困難のイタリアン「ペレグリーノ」の料理は、食材の仕入れによって内容が変わるおまかせコース。ペアリングする飲み物も、店主の高橋隼人氏がその日のメニューに合わせて変えている。主役はワインだが、お酒が飲めない人のためにノンアルコールペアリングも用意。お茶を合わせる際は、お茶と料理の余韻がどちらも残るように組み合わせているという。

「料理をつくる時は主素材と副素材がどちらも活きるように考えますが、料理とお茶のペアリングも同じです。互いの味が行き来するような感覚を味わえるものがよいと思っています」

お茶は10年前からいろいろと使ってきたが、近頃は自分でお茶を淹れるようになったそう。

「お茶は香りが重要。けれど、ボトルドティーは開栓後、時間とともに香りが落ちていくので、料理と完全に合わせるためにも、自分で抽出したほうがいいと思ったんです。茶葉の品質にはさまざまなランクがありますが、高品質なものはきれいで傷がないのが特徴ですね」 

「HANAAHU TEA」は、茶葉のきれいな形を見て、「これは間違いない」と確信したという。

「これは水出し用なので、予約の時間から逆算して抽出しています。抽出時間によって味の強弱が変わるので、料理によって調節しても面白そうです」

料理との相性を追求して抽出したお茶のペアリングは、新たな味覚の扉を開いてくれる。

Pellegrino
住所:東京都渋谷区恵比寿2-3-4 1F
TEL:非公開
営業時間:12:00~、19:00~(ともに一斉スタート)
定休日:土曜・日曜・月曜
席数:テーブル6席

【おすすめの関連記事】
日本茶を世界に! 中田英寿が見据える、そのポテンシャルとは
中田英寿がプロデュース! 食事に寄り添う日本茶「HANAAHU TEA」
中田英寿が協力を依頼した、日本茶のスペシャリストとは

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=太田隆生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる