MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.09.30

【西野亮廣】日本に残された最後の選択肢はこれだ。「IPを獲れ!」

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話したことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は「日本に残された最後の選択肢。『IP』を獲れ!」というテーマでお話ししたいと思います。

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第62回 NFTというグローバルのコミュニケーションツールを使ったコミュニティーなのだから、グローバルにリーチできるアクションを選んだ方がいい!

西野亮廣

『CHIMNEYTOWN DAO』は、僕が死んだら終わるコミュニティーにしたくない

ご存知の方も多いかと思いますが、僕は『西野亮廣エンタメ研究所』というオンラインサロン(オンラインコミュニティー)を運営しています。

このコミュニティーって、僕が毎朝2000〜3000文字の記事を投稿して、それを軸にアレやコレやと動いているコミュニティーなので、言ってしまったら、僕が死んだら終わるコミュニティーなんですね。

だけど、僕は、僕の人生で完結するような規模のエンタメにはあまり興味がなくて、もっと100年とか、200年とか、300年スパンで、大きなものを作りたいし、若手スタッフを雇っている以上は、やっぱり僕が死んだ後も背中を押してやりたい。

そう考えると、僕が死んだ後も活動が止まらない(新しいエンタメが生まれ続ける)仕組みを今のうちから作っておく必要があると思って、最近、『CHIMNEYTOWN DAO』というコミュニティーを作りました。
「心臓のNFT」を買われた方がここに参加していて、今は4000人ぐらいが在籍しています。

オンラインサロンと違うのは、「『CHIMNEYTOWN DAO』には西野亮廣はいない」ということですね。
中に入りたい気持ちをグッとこらえて、本当に中に入っていません。
入ったら入ったで、どうせハンドリングしてしまうので。
なので、ある程度の方向性は作りますが、その目的地に向かうためのプロジェクトをどう動かして行くか?みたいな具体的なことは「CTD(チムニータウンDAO)」のメンバーにお任せしています。

このCTDとの関わり方(自律分散型組織におけるリーダーの立ち回り方)については、9月13日のオンラインサロンで超絶神記事を投稿したので、是非、ご覧ください。

世界戦を見越すなら「IPの開発」を先にしたほうがいい

さて、そんなこんなで、いよいよジワジワと動き始めたCTDですが、CTDが今後、どこに向かえばいいのか?

「チームとして、何を獲得しにいかなきゃいけないのか?」
ここは、すっごくザックリとでいいので、共有しておいた方がいいと思います。
そして、これは日本のあらゆるチームにも共通している課題だと思うので、盗み聞きしている方にも共有しておきたいです。

結論から言うと「IPを持っていないと話にならん」ということです。
ここでいうIPというのは、キャラクターや世界観やストーリーの知的財産権ですね。

・人口はそこそこ多いけど、ほぼ全員日本語しか使えない。
・人口はそこそこ多いけど、大体お爺ちゃんお婆ちゃん。
・あんまりお金を持ってない。

そんな日本人が、世界戦に出る時に持ち合わせることができて、そして、結構、戦場で役に立つ武器って、もう一つで「IP」なんです。

結構な人が、まず一歩目にサービスの開発を始めますが、世界戦を見越すなら「IPの開発」の方が先です。
強力なIPはパスポートそのもので、世界のあらゆる場所にアクセスできるので。

強いIPがあれば、どの角度からでもシュートを狙える

こういうことって、あまり話に上がってきませんが、今、フランスで公開されている『映画 えんとつ町のプペル』も、あれ、フランスの映画会社に上映権を販売しているんです。
強いIPさえ持っていれば、どの角度からでもシュートを狙える。

繰り返しになりますが、コミュニティーができたら、まず最初に「何する?」みたいな議論がおこなわれて、まず上がるのは、皆がイメージできるようなサービスなんです。
自分の身の回りにあるような「お店」だとか、あるいは「イベント」だとか。
それはそれですっごい重要なんですけども、それは、どこまでいっても自転車操業なんです。
続けていくうちに、必ず「あれ? なんか去年と同じことをやってるな」になるし、そして、活動範囲も会話の規模もあまり大きくなっていかないことに気づく。

今の日本の感じを見る限り、Web3っぽいこと(NFTまわりで)で完結させちゃダメで、DAOでガッチガチにIPを取りに行って、そのIPを使って、世間(世界)の皆様が知っているようなコミュニティーにアタックした方がいい
「DAOで作った作品(DAOで獲得したIP)でカンヌ映画祭に出る」みたいなことです。

海外に出てみると、日本のIPは進出している

で、ちょっと、横文字が続いて嫌なのですが、海外に出てみると、日本のITは全くといっていいほど目にしませんが、IPはよく目にするんですね。
「ドライブマイカー」だって凄かったし、ポケモンも鬼滅も凄い。
サンタモニカのビーチの売店でも日本のIPを見ました。
もはや、「ホントに権利をとってるのかよ」というぐらいの(笑)

でも、それぐらい日本のIPは進出しているんですね。
具体的に言うと、海外で目にする「日本」は、車と料理とIPです。
で、「車」を今から作るのは難しいと思うので、僕らが狙えるのは「料理」と「IP」ぐらい。

せっかくNFTというグローバルのコミュニケーションツールを使ったコミュニティーなのだから、どうせならグローバルにリーチできるアクションを選んだ方がいい
そんな中「IP」というのは、日本に残された最後の選択肢だと思うので、今よりも、もう少しだけ目を向けてみるといいかもしれません。

 

お知らせ! キングコング西野亮廣がデザイン監修を手がけたゴミNFTコレクション『Poubelle』をOpen Seaで販売中

DAOコミュニティ「CHIMNEY TOWN DAO」より、週に1体ずつ描きおろしの1点物のゴミのNFTコレクション「Poubelle」を、オークション形式で販売しています。
『Poubelle』(フランス語で「ゴミ箱」の意)は、そのへんに落ちてるゴミをモンスター化してみたNFTコレクションです。

NFTコレクション「Poubelle」

 

お知らせ! プペル歌舞伎の写真(額装済み&保証書付き)の新作『父と息子』(限定20点)が出ました

追加生産はしない作品なので、興味がある方は是非。
【限定20枚】プペル歌舞伎『親子』

新作『父と息子』

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』の開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
10月8日(土)に徳島、
11月3日(木)に愛知、
12月23日(金)に愛媛で、それぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる