MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

PERSON

2022.04.18

ライフスタイルクリエイター 福田萌子が心奪われた平岡仁の器

ビジネスの最前線で闘うリーダーやスペシャルな人の傍らには、仕事に活力を与え、心身を癒やす、大切な愛用品の存在がある。それらは、単なる嗜好品にとどまらず、新たなアイデアの源となり、自らを次のステージへと引き上げてくれる、最強の相棒=Buddyでもあるのだ。今回紹介するのは、ライフスタイルクリエイター福田萌子の生活をより豊かに幸せにしてくれる平岡仁の器。特集「最強の相棒」

ライフスタイルクリエイター福田萌子

「実家にも器がたくさんあり、母は、季節やお料理に合わせて選んでいました。食卓にはいつも10種類近く器が並び、にぎやかでしたね」

豊かで幸せな日常を運んでくれるアイテム

「これに、どんなお料理を盛りつけようかなと考えるだけで、幸せな気分になります」

そう言って、器を愛おしそうに見つめるライフスタイルクリエイターの福田萌子さん。食事に運動、旅に恋愛、そして、生き方まで、幅広い分野で情報発信をしている彼女の心を捉えたのは、陶芸家、平岡仁氏の器。

たまたまインスタグラムで目にして惹かれ、すぐに扱っているギャラリーを訪ねて、深皿と大皿、中皿などを手に入れた。

オーバル型の器

「インスタを見て、まず気に入ったのがこの模様。それで、お店に足を運んだんです」というのが、オーバル型の器。「深さもあるので、カレーにもよさそう」

「和歌山の作家さんの器で、同じ型のお皿でも、柄や色が一枚一枚微妙に違うんです。どれにしようか、1時間くらい迷いながら選びましたが、その時間も、すごく楽しかったですね」

食事はアート。器と、そこに盛りつける料理、テーブルセッティングによって、食卓は華やかにも、シックにも演出できる。それも食事の楽しみだという。

「パックに入ったお惣菜にしても、そのまま食卓に出すのと、素敵な器に盛りつけていただくのでは、幸せ感がまったく違う気がします。それに、『器に盛る』というひと手間をかけることは、自分で自分を丁寧に扱っているということの証。自分のことを雑に扱っているようでは、他の人からも大切にされないでしょうし、自分も周りの人を大切にできないんじゃないかと思います。自分を幸せにするためにも、まずは、ちゃんと自分に手をかけてあげたいんです」

深皿

手前の深皿は、おにぎりと卵焼き、焼き魚などを盛りつけた「和朝食」の時にも活躍。平たい中皿には、刺身を盛りつけるのがマイブームだそう。

心から好きで、必要なものしか手に入れない

自宅の食器棚には数多くのコレクションが並んでいるが、「使うために作られたのだから」と、どれも現役で活躍中。購入するか否かの基準は「自分が好きか、と本当に必要かどうか」だ。

「1000円の器も10万円の器も、同じように大切に扱いますし、値打ちがあるからとか、セールでお買い得だからといった理由で買うこともしません。欲しいなと思っても、実際に使うか、収納するスペースがあるかなどを考え、時にはあきらめることもあります。それは器に限らず、どんなモノもそう。心から好きで、必要なモノだけに囲まれているので、毎日がとても豊かで、幸せです」

老舗の和菓子

撮影時に福田さんが差し入れてくれたのは、老舗の和菓子。細やかな心遣いも、彼女の魅力のひとつだ。「黄色が器に映えてよかった!」

モノ選びにブレない軸を持っている。それは、仕事でも同様。

「12歳でモデルの仕事を始めた時から、『この対価に見合うだけのことができているか』をずっと意識しながらやってきました。仕事がない時期でも、次のオファーが来た時にちゃんと期待に応えられるよう、体形維持など、準備は続けていましたし、それは今も変わりません。仕事が私の思考や生き方を、育ててくれたのだと思います。そう考えると、私にとってお仕事こそが人生最大の相棒ですね」

今の目標は、日常に豊かさや幸せを感じるヒントになるような情報を発信すること。

「そのためにも、やっぱり自分自身が幸せでないと。これからも、自分の心を満たしてくれるモノだけを側に置き、大切にしていきます」

 

ライフスタイルクリエイター 福田萌子

ライフスタイルクリエイター 福田萌子
1987年沖縄県生まれ。12歳でモデルを始め、現在はバラエティ番組や雑誌等、幅広く活動。2020年にAmazon Prime Videoで配信された婚活サバイバル番組、『バチェロレッテ・ジャパン』出演も話題に。トライアスロンやハーフアイアンマン参戦など、多彩な趣味を持つ。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=彦坂栄治

HAIR&MAKE-UP=石沢結希

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる