MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.03.18

【西野亮廣】転職の時に「今、その業界ってアツいのか?」の下調べは、ほぼ無駄! ──連載「革命のファンファーレ2」Vol.34

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話したことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は、『転職を繰り返しているうちに見えてくるもの』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載「革命のファンファーレ2~現代の労働と報酬」】

第34回 「上手くいき始めた瞬間から、衰退が始まっている」という感覚を持っていないと、ヤバイ!

西野亮廣

「その業界ってアツイの?」という下調べは、無駄

自分の転職履歴を紹介してから話を始めた方が、説得力が出そうなので、まずは、「成功」と「失敗」、そしてそれらの度合いは無視して、駆け足で僕のキャリアをお伝えすると……
「舞台芸人」としてスタートを切って、「テレビタレント」になり、そのあと、「絵本作家」になり、ビジネス書を書いたり、オンラインサロンを運営して調子に乗りながら、「映画」や「ミュージカル」や「歌舞伎」を作る人になって、今に至ります。

羨ましがられることもあれば、妬まれることもあれば、笑われることもあるので、僕は、まぁまぁヨロシクやってますが、他の人が、この生活を「幸せ」と呼ぶか、「不幸せ」と呼ぶか…そのあたりはよく知りません。

が、今日は、そのあたりの「恩恵」や「痛み」めいたものは一旦無視して、「転職しまくってたら何が見えてくるの?」という一本に絞って、お話しします。

まず、転職の際によく話題にあがる「今、その業界って、アツイの?」みたいな下調べって、ほぼ無駄だなというのが僕の印象です。

というのも、まずは、転職を考える際、自分の中で、「あきらかな斜陽産業」は、無意識のうちに候補から外している……というのがある。
「明らかな斜陽産業には人はトキめかない」という言い方の方が正しいのかも。
つまり、2022年に「電話ボックス、作りてぇ〜!」と考える人、いないと思うんですよね。

とすれば、候補として残るのは、「成長産業」か「まあまあ斜陽産業」
「まあまあ斜陽産業」は、たしかに、まあまあ斜陽産業ではあるのですが、その代わりに、「才能がいなくて、伝統がある」というメリットがある。
要するに、「格式高い大会で優勝しやすい」というメリットですね。
そして、「格式の王者グローバル」はワンチャンあります。

アンチコミュニティーに属すのは厳しいゲーム

一方で、「成長産業」は、成長産業であるかわりに、「才能が渋滞している」という事実はある。
「勝ったら取り分は大きいけど、勝ちにくい」という感じですね。

こうなってくると、もはや、どちらを選ぶのも正解で、じゃあ、あとは何を基準に選べばいいかというと、自分の気持ちが動いたか否か、しかないんですね。
そこで僕は、「トキめいた方が正解」というアホみたいな結論にしています。

昔と違って、マネタイズの手段も増えたし、職業の掛け算先も増えた。
なので「キチンとマーケティングの知識を持ち合わせた上で、トキメキさえすれば、食うコトには困らない」という感じです。
厳密には「食うコトには困らないラインまでは持っていける」という感じです。

ただ、食うコトには困らないラインまで持っていくには、条件が2つぐらいあると思っていて、そのうちの一つが、「アンチコミュニティーに属さない」です。

誰かを攻撃することが「飯ウマ」になっているコミュニティーは、自分(私)の成功を「抜けがけ」としてカウントしてしまうのと、なにより、支援の文化(ノリ)が根付いていないので、すべて自己責任の世界観になってしまう。
子育てで困っても、「子供を産んだのはオマエだろう」という感じの。
ここで暮らすのは、なかなか厳しいです。
助けがないと、時間もお金も余分に必要になってくるので、まぁまぁシビアです。

手が空いている人が手を差し伸べたり、お金が余っている人がお金を出すコミュニティーに属していた方がいいのは間違いないです。

で、そもそも、「そういった余裕がある人が、どこにいるか?」を考えた方が良いと思っていて、そもそもその人がなんで余裕があるかというと、答えは結構シンプルで、「多くの人を助けているから」です。

皆が使う(皆が助かる)商品やサービスを作っていたりする。
だから、その人に、お金が集まって、だから、その人に「人を助ける時間の余裕」が生まれる。
こういう人が、どこにいるか? を考えると、「アンチ活動に励む(そのコミュニティーに属する)」は、なかなか厳しいゲームになります。

上手く行き始めた瞬間から回収時期が始まっている

そして、もう一つ。
これは転職をしまくっていると、すごくよくわかるんですけども、「上手くいき始めた瞬間から、衰退が始まっている」という感覚を持っていないとヤバイです。

「衰退が始まっている」というより、「回収が始まっている」という感覚かも。
要するに、収穫の時期が一番、人目に触れる(世間とコンタクトをとる)ので、そこがどうしても輝いて見えちゃうんですが、当然、「刈り取ってしまえば終わり」で、終わることを見越して、翌年の苗を植えておかなきゃいけない。

これは僕自身、すごく意識しているところで、それこそ、テレビタレントの収穫時期に入った頃には、もう、絵本作家の苗は植え始めていたんです。
絵本作家として盛り上がってきた頃には、もう「映画」の根回しはしていました。

世間は「上手くいっている人」を見て、「上手くいっている」と判断するから、そことのギャップがなかなか難しいし、自分自身、最も分かりやすい「数字」というもので、成果を判断してしまいがちですが、世間から「上手くいっている」と言われている時や、数字で結果が出ている時は、「上手くいっている」ではなくて、「回収時期に入った」と考えた方が、転職のサイクルは安定すると思います。

参考になるかどうか分かりませんが、転職しまくっている中年の経験談です。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

●国内最大となる、5.8万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる