MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.03.03

【羽生結弦】答えは自分の中にある。「自信の塊」9歳の自分との対話──不定期連載「心震えるアスリートの流儀」Vol.2

人間の限界に挑戦するアスリートたち。肉体と精神をギリギリまで戦い続けるからこそ見える世界がある。競技はもとより、その裏側で起こっている人生の一端に迫る。【第一回 羽生結弦どれだけ氷に叩きつけられても】

写真:新華社/アフロ

自身が理想とする9歳の羽生

何かの壁にぶち当たった時、人は何を拠り所とし、再び立ち上がるのだろうか。フィギュアスケート男子の羽生結弦(27=ANA)の道標は「自信の塊」だった9歳の自分だという。

「技術的には今が間違いなく一番強いです。ただ、精神的にはあの頃が一番強くて輝いている」

’22年北京五輪。羽生は、前人未到の大技クワッドアクセルに挑んだ。前向きに踏み切り、4回転半で氷に降りる離れ業。転倒こそしたが、高く、鋭い軌道を描いて回りきった。不可能とも言われた大技が、世界で初めて認定された瞬間だった。

なぜ夢の大技にこだわったのか。羽生には常に対話する相手がいた。

「僕の心の中にいる9歳の自分がいて、あいつが跳べって、ずっと言ってたんですよ。ずっと、お前へたくそだなって言われながら練習していた」

自身が理想とする9歳の羽生は、どんな少年だったのか。当時は小学4年生。’04年10月の全日本ノービス選手権で初優勝を果たす。さらに、12月にはフィンランドでの国際大会に初出場して、頂点に立った。ちょうど10歳の誕生日を航空機内で迎えたばかり。トップの世界では、髪形を真似たことがある憧れの皇帝エフゲニー・プルシェンコらがしのぎを削っていた時代だった。

「自分もその世界に跳び込んだ気がしていた。ここから僕はスタートしたという気概を持っていた」

初めて王者となった誇りと自信が、羽生の原点だった。

人は成長していくことで、既存のルールに縛られていく。そこに当てはめ、何か意味づけをしようとする。

「子どもの頃は、そういうの何もなくて。ただやりたいことをやっていて、ただ自分自身が心から好きだなって思うことだったり。自信があるなと思うことに関してすごく素直でいられた」

スケートリンクの閉鎖や東日本大震災、多くの激闘を経験しながら羽生も大人になった。だが、今だからこそ改めて思う。「本当に自分が心からやりたいもの、心から自信を持てるものをスケートで出したい。たぶんそれが一番強い時の自分」だと。

内なる声に耳を傾けられるからこそ、今の羽生がいる

羽生は何度も過去の自分に救われてきた。連戦続きで摩耗していた’19年全日本選手権後のアイスショーで、平昌五輪でも演じた伝説的プログラム「SEIMEI」を舞い、自分にしかできない演技を再確認。シーズン中に演目を変更する決断を下すきっかけとなった。孤独な練習で精神的に追い詰められたコロナ禍の’20年秋には「ロシアより愛を込めて」や「春よ、来い」など過去のプログラムを舞うことで、原点に立ち返ることができた。

内なる声に耳を傾けられるからこそ、今の羽生がいる。それはクワッドアクセルの挑戦でも同じだった。「(9歳の自分に)今回のアクセルは褒めてもらえたんですよね。一緒に跳んだっていうか」。北京五輪では、踏み切りに至るまでの動作を9歳の頃に跳んでいた直線的な入りで挑んだ。

「実は同じフォームなんですよ。9歳の時と。ちょっと大きくなっただけで。だから一緒に跳んだんですよね」

多くの指導者や他競技のアスリートたちの言葉や理論…。全ての叡智を結集させた上で、最後の最後に信じたのは自らの皮膚感覚だった。

「ずっと壁を登りたいって思ってたんですけど、いろんな方々に手を差し伸べてもらって、いろんなきっかけを作ってもらって、登ってこられたと思ってるんですけど。最後に壁の上で手を伸ばしてたのは9歳の俺自身だったなって思っていて。最後にそいつと、そいつの手をとって一緒に登ったなっていう感触があった」

くしくも、両手を天に突き上げるフリープログラム「天と地と」のフィニッシュは、9歳の時に滑っていた「ロシアより愛を込めて」と同じポーズだ。演技を終えた6秒間、「あの時の自分と重ね合わせながら」。ある意味で、過去の自分にオマージュを捧げていた。

挑戦を貫いた五輪を終え、羽生は言った。

「いつか見返した時に、羽生結弦のアクセルって軸が細くて、ジャンプが高くて、やっぱきれいだったねって思える、誇れるアクセルだったと思っています」

磨き続けた技術、精神力。さらに過去の自分との対話によって、限界の先へと行くことができた。これまでも、きっと、これからも。羽生が導き出す全ての答えは、自分の中にある。

【第一回 羽生結弦どれだけ氷に叩きつけられても】

TEXT=大和弘明

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる