MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.02.11

【本田圭佑】「僕は野球にたとえるなら2割バッター」──連載「本田思考。」

サッカー選手兼監督兼投資家兼起業家・本田圭佑は、言葉を使うことで、自らをインスパイアし、世界にサプライズを起こす。その脳にはどんな 言葉=「思考」が隠されているか紐解いた連載を一挙に振り返る。【2019年の掲載記事を再編】

「“仕事”とは、幸せをもたらすもの」

Licensed by Getty Images

サッカーを自分の仕事にできたことは、とても幸せなことだと思っています。サッカーは、世界中で通用する”言語”です。いくら英語を上手に話すことができても、それだけでは人に感動を与えることはできません。

でも、サッカーという言語は、プレイしているだけで世界中の人に伝わり、感動を呼び、ヒーローになることもできる。僕がこのサッカーを仕事にできたのは、物心ついた時から父親がその環境を与えてくれたから。そして僕もその道を選ぶことができた。子供のころからずっとサッカーが好きだったから、それを自分の仕事にしたいと素直に思えたのです。

最近、「仕事を楽しもう」、「楽しみながら働こう」というような言葉をよく耳にします。でも僕は少し違うような気がします。好きではないことを楽しむのは難しいし、ストレスもたまる。仕事を楽しむのではなく、自分が楽しいと感じることを仕事にする。そうすれば、自然と頑張れるし、ストレスもなくなるのではないでしょうか。

続きはこちら

「“学校”とは、好みを肯定する場」

keisuke_honda

学校の役割は、ふたつあります。子供たちにそのふたつを教えることができさえすれば、人生を楽しみながら強く生きていけるようになると思っています。いい高校、いい大学に進むための知識を教えるだけの学校であれば、「行く必要はない」というのが僕の意見です。

役割のひとつ目は、それぞれの”好き”を見つけてあげて、その気持ちを肯定し、伸ばす手助けをしてあげること。もし僕が小学校を作るとしたら、最初の授業は「やりたいことをやりなさい」。ゲームをする子がいるかもしれないし、サッカーボールを抱えて校庭に出ていく子もいるかもしれない。何をしていいかわからなくてキョロキョロしているだけの子もいるでしょう。

でもそれでいいんです。

続きはこちら

「“敗北”は、未来の糧になる」

keisuke_honda

僕は野球にたとえるなら2割バッターだ。いつもいろんなことを考え、あれをやりたいこれもやりたいと口にする。でも有言実行できているのはせいぜい2割で、残りの8割は失敗と敗北だらけだ。いつも10割を目指して努力しているつもりなのだが、どうしても8割はうまくいかない。まるで狼少年のようだと、自分でも思う。

もちろん負けたくて負けたこと、失敗してもいいと思って失敗したことなんて一度もない。敗北や失敗は、自分自身の努力、歯を食いしばって過ごした時間、さらには自分を支えてくれた人たちの思いまで否定することになる。常に真剣であるからこそ、精神的ダメージは大きい。

これだけ負ける人間であれば、戦国時代なら精神的ダメージどころか、とっくに命を落としているだろう。

続きはこちら

COMPOSITION=川上康介

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる