GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.10.22

【西野亮廣】「老後」が無い時代をどう生きるか

こちらは、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』に投稿した記事を加筆修正したものです。
さすがに表に出せない固有名詞や、表に出せない金額などは、加筆修正の段階で伏せさせていただいていますが、なるべく、オンラインサロンに投稿した記事のままお届けします。

今日は「思っているよりも長く生きることになるけど、その準備してます?」というテーマでお話ししたいと思います。
ガッチゴチに全員に関係するテーマです。

【連載「革命のファンファーレ~現代の労働と報酬」】

第13回 平均寿命が短かった時代の生き方は、もう参考にならない。「60歳~90歳の生活費=資本」についてあなたは考えてる?

西野亮廣

「老後」という考えは捨てた方がいいかも

先日、「そういえば、鶴瓶師匠って、おいつくだったっけ?」と思って調べてみたところ、なんと『69歳』でした。

ちなみに、Mステでギネス記録を作ったばかりのタモリさんは『76歳』。

次に仕掛ける企画の話など、こまめに互いの近況を報告し合っている秋元康さんは『63歳』で、今シーズンは超異例の民放3局同時にドラマを仕掛けておられます。
説明するまでもなく、皆さん、バッキバキの現役プレイヤーです。

僕は今、41歳です。

この世界に飛び込んでから、そこそこ走ってきたつもりでいましたが……今から、これまでと同じ分だけ走っても、まだ彼らの年齢には届きません。

どこにでもある極々普通のサラリーマン家庭で育ったもんだから、自分の中で、なんとなく「60歳」を区切りにして、「60歳以降は『老後』」としちゃっていたのですが……どうやら、そういうわけでもなさそうです。

平均寿命が短かった時代の生き方は参考にならず、僕らは今、「60歳以降の生き方のモデルケースがない時代」に立ち会っています。

今、日本人の平均寿命は男性が「81歳」で、女性が「87歳」だそうです。

ちなみに、意外と知られていませんが【平均寿命】というのは、「その年に生まれた0歳児が平均してあと何年生きられるか?」を示したもので、「僕らがあと何年ぐらい生きるか?」を示したものではありません。
「僕らがあと何年ぐらい生きるか?」を示した数字は【平均余命】で、厚生労働省の平成30年簡易生命表を見ると以下の通り↓

〔男性〕
0歳:81.25年
20歳:61.61年
40歳:42.20年
60歳:23.84年
80歳:9.06年

〔女性〕
0歳:87.32年
20歳:67.63年
40歳:47.97年
60歳:29.04年
80歳:11.91年

…つまり、今、80歳の女性は、平均すると「87歳」ではなくて、「92歳」まで生きます。
基本的には「【平均寿命】よりも長く生きる」と考えておいた方が良さそうです。

「クールダウン」ではなくて、「2周走る」

先日、藤原和博先生をお迎えして開催したオンライン勉強会(※サロン内で開催)で、藤原先生が「私達は今、人生というトラックを2周する時代を生きている」とお話しされていたのが、とても印象的でした。

つまり、「20歳~60歳までが本番のレース、60歳以降が試合終了後のクールダウン」……という考えではなくて、60歳以降が30年近く続くのだから、「20歳~60歳を1周目、60歳~90歳を2周目」と考えようね……という話です。

何故、「投資」の勉強会で、この話になったのかというと……「『2周分の生活費を稼がなきゃいけない』を前提にした時に、1周目は『身体』が資本となって生活費を稼いでくれるけど、2周目は、体力も落ちているし、病気にもなりやすくなっているので、基本的には『身体』は資本にならないよね? ちなみにキミは2周目の生活費を“何に”稼がせる気? 準備してる? …それとも、まさか年金オンリー?」……という強烈な問題提議からです。

おそらく今、ほとんどの人が「2周目の準備」をしていないと思います。
具体的に言うと、『身体(体力)』という資本を失った“2周目”の資本を作っていません。

少し危ないのは、現代人がドハマりしているSNS(フォロワー数、いいね数)ゲームは、「影響力(発信コスト)を自分の肉体に落としこむゲーム」で、それによって、たしかに『身体』という資本は強くなるんだけれど、どこまでいってもそれは「1周目の資本」でしかない……ということ。

つまり、SNSゲームにハマればハマるほど、「2周目の資本作り」を後回しにしてしまうリスクがあって、ここはキチンと意識しとかなきゃいけない部分だと思います。

ここは現代を生きる僕たち全員が向き合わないといけないテーマだと思うので、今後もオンラインサロン内で話し合っていきましょう。

とりあえず今日のまとめとしては「2周目の資本のことも考えておこうね」です。
現場からは以上でーす。

西野亮廣氏ポートレイト

Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1 本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員170 万人、興行収入24億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映決定、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。

●国内最大となる、5.8万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる